~ ブレアーテクニックセミナー ~

先週末の二日間、Dr. イアン・ブロウ主催のブレアーテクニックセミナーに参加して来た。



講義内容はカイロプラクティック哲学から始まり、上部頸椎理論と神経学、MRIと脳脊髄液の働き、CTと3D画像の特徴、ブレアーリスティング、レントゲン分析、レントゲン撮影実演、タイトロンスキャンとグラフリーディング、レッグチェック、ブレアーターグルドリル等。



以前からブレアーのレントゲン分析にはとても興味があったが、実際学んでみると想像以上というか期待を大きく上回るものだった。



人間の身体は左右対称とは限らない、むしろ非対称の方が多い。



脊柱も同じで



後頭顆の角度や大きさ、環椎外側塊の大きさや環椎上関節窩の深さ、軸椎上関節窩の大きさと角度なんかも左右で違う。



左右の後頭顆が平行ではなく前後に位置し、そのせいで頭が左右片方に若干回転してるのが”普通の状態”という場合もあれば



片方の環椎外側塊が大きく長い為、逆方向へ頭が傾いている(又は側弯を創り頭の位置を水平に保っている)というのが”普通の状態”という場合もあるなど



多くのレントゲン画像を観せてもらい本当に勉強に成った。



そして改めて生命の凄さ、画像分析の重要性を痛感。。。




セミナー内容もさることながら、講師のDr. イアンが兎に角良い。



彼の氣さくで情熱的な人柄に皆が惹きこまれていた。





ただ、


他のテクニックを学ぶリスクというのも今回のセミナーでは感じた。



自分のベースとなる基礎技術が十分身に付いていない場合、他のテクニックを学ぶのはむしろマイナスになる。




基本を大切に、明日からまたしっかりターグル道場で稽古しようと想う。










しかしホント熱いセミナーだった!


Dr. イアン、ありがとうございました!!




















20479785_10155545158842829_2360173656438005806_n.jpg


















"Do not decrease the price, increase the value."

「値段は下げるな、価値を高めろ。」

 Ian Bulow D.C.












Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR