〜 カイロプラクティックの未来に朗報!!! 〜

シャーマンカレッジが、カイロプラクティック大学としては世界初となる


コーンビームCT(CBCT)導入を決めた。


医学用語ヘルプによると、

「CBCTはcone-beam CTの略称です。通常のCT装置では、X線は扇状に照射され、その画像データは一次元検出器で読み取られるため、三次元画像を作成するためには、X線を複数回照射したり、検出器を多数並べたりする必要があります。

これに対しCBCTでは、X線を円錐状あるいは四角錐状に照射し、画像データを二次元検出器で読み取るため、X線照射装置を患者さんの周りで1回転させるだけで三次元画像を作成することができます。コーンビームCTとも呼ばれます。」
参照URL
https://minds.jcqhc.or.jp/n/pub/10/pub0060/T0007957




シャーマン学生達は既存のスパイノグラフ (レントゲン)の撮影方法と分析に加え、

CBCTの撮影方法と画像分析も学ぶ。

彼らはヘルスセンターでどちらもプラクティス出来るという事だ。


素晴らしい。





脊椎サブラクセーションを三次元で撮影可能なCBCTは


従来のレントゲン撮影の様に何度もクライアントの姿勢を変える必要は無いし


頚椎領域であれば20-30秒以内に撮影が終わる。


脊椎サブラクセーションを様々な角度から分析出来る為


カイロプラクターはクライアント其々の脊椎サブラクセーションの状態をより詳しく知る事が出来る。


更にはカイロプラクティック画像分析やリサーチ分野、そしてテクニック分野にもCBCTは大きく貢献してくれると期待している。










20200123101356d67.jpeg

参照画像元URL
https://images.app.goo.gl/KSwfNTooXHkWT3c68








背骨の変位により、神経系に異常圧が掛かると


脳と身体の情報交換の質が低下する。


脳から身体へ

今必要な時に

今必要な部位へ

今必要な量の情報やエネルギーが届かなくなる。


脳と身体が快適では無い状態。


CBCTにより脊椎サブラクセーションを更に厳密に分析出来れば


カイロプラクターが脊椎サブラクセーションの状態を「予想して」アジャストする必要も無くなり


結果的にこれまで以上に多くの人が脊椎サブラクセーションから解放されるだろう!



CBCTをカリキュラムに導入するというシャーマンカレッジの英断には


とても熱くなった!!!









プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR