〜 カイロプラクティック本来のアイデア 〜

先日カイロプラクティックに熱いシャーマン学生達を誘い、シャーマンカレッジ設立者のDr. トムとその奥様Dr.ベティの御宅を訪問した。


Dr. トムは失われ行くカイロプラクティックの本質を護る為、1973年にシャーマンカレッジを設立された。


それ以来シャーマンカレッジは

「脊椎サブラクセーションを特定、分析し、それをアジャストする」

というカイロプラクティック本来のアイデアを学生達に教えている。



御二人のエネルギーは底無しの様で、カイロプラクターとしての在り方やプラクティス、スパイノグラフ(レントゲン)とパルペーションの違いなどなど


時間が許す限り貴重な話しを僕達に共有して下さった。



カイロプラクティック本来のアイデアが伝えるシンプルで力強い事実


僕達は受精卵の時から、生きるチカラを持っている。


そのチカラは受精卵から細胞分裂を起こし、無数の細胞が協力し合って僕達の身体を創りあげる。


僕達が生まれた時から持っているこの

「命を維持するチカラ」が、

僕達の身体を病や怪我から癒す。



指を少し切ってしまった時、


身体には、血を止め、傷を治すチカラが在ることを僕達は知っている。


風邪を引いた時は身体を発熱させ体内の菌を殺し、発熱の必要が無くなれば自然と元の体温へと戻る。


誰かに教えてもらわなくても、身体は自ら必要な適応反応をする。正常で快適な状態に戻ろうとしている。


身体の健康状態を維持するチカラ、生きるチカラが存在しているからこそ出来る。


そんな生命を維持するチカラをコントロールしているのは脳と身体を繋ぐ


神経系


その中枢に位置するのが脳と脊髄神経という大きな神経の束











201912160948410ac.jpeg

参照元: https://www.google.com/imgres?imgurl=https%3A%2F%2Fi.pinimg.com%2Foriginals%2F41%2Fb6%2Fda%2F41b6da56f4f288abaa4fabe923b0a996.jpg&imgrefurl=https%3A%2F%2Fwww.pinterest.com%2Fpin%2F82894449372724690%2F&tbnid=WGt4ZV1fsFDMAM&vet=1&docid=KC71IUrkvjco3M&w=750&h=1000&q=nervous%20system%20itself&source=sh%2Fx%2Fim
神経系は脳から身体全体に行き届いている。















その大事な脊髄神経を護るのが脊柱 (背骨)


背骨は脊髄神経からあらゆる臓器へと神経線維が伸びる出入り口にもなっている。


その背骨の骨が変位し、神経の出入り口が狭くなり、周囲の軟部組織にも影響を与え、脊髄神経と臓器に繋がる神経線維に異常圧が掛かる。


結果、脳と身体の情報交換の質と神経エネルギー供給に干渉する。


脳と身体のコミュニケーションの質が低下するということは、環境へ対応するチカラ(適応力)が低下するということ。


そして身体は最適/快適な状態から外れる。



この状態を

「脊椎サブラクセーション」

と呼ぶ。




24時間365日働き続けてくれる脳、心臓や肺、胃や肝臓、腎臓や膵臓などなどの臓器は


神経系を介して脳と繋がっている。


背骨はその臓器と脳との連絡通路であり、物理的な干渉が起きるポイントでもある。


カイロプラクターは脊椎サブラクセーションを科学的に分析し、精密な施術によりそれを取り除く。


結果、身体の神経機能の回復と共に脳と身体のコミュニケーションの質が正常化する。


神経エネルギーが脳から身体へ、必要な時に、必要な箇所へ、必要な量が供給される。


命を維持するチカラが身体全体に行き届いている状態と言える。






Drs. トム&ベティの話を聴きながら


眼を輝かせてカイロプラクティックに燃える次世代のカイロプラクター学生達は本当に頼もしい。


彼らの様なカイロプラクティックに熱いカイロプラクターがどんどん増えて


カイロプラクティック本来のアイデアが世に広まれば


多くの人と動物達が脊椎サブラクセーションから解放され


自分本来のチカラを取り戻し、活かす事が出来る。


人生を一層愉しむ事が出来る!


そんな世界の未来は明るい!!















2019121405233519d.jpeg

Drs. ジェラルディを囲んで♫















プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR