〜 小児カイロプラクティックについて 〜


オーストラリアカイロプラクティック委員会は今年3月、

カイロプラクターには2歳以下の子供に対する背骨の調整を禁止させると発表した。

個人的に今回の決定は政治的な要素が強く、オーストラリアに住む子供達の事を考えればとても勿体ない事をしていると感じる。



米国にはICPA(国際小児カイロプラクティック協会)という組織が存在する。

ICPAはICPA認定プログラムの提供 (子供と妊婦に特化したカイロプラクティックケアを学ぶ)、エビデンスに則った小児カイロプラクティック研究を行うなど

常に社会へ小児カイロプラクティックケアの安全性と有用性を示して来た。

ICPA認定カイロプラクターの紹介ウェブページもあり、地元のカイロプラクターを探すことも出来る。



シャーマンでは、小児へのカイロプラクティックケアを推奨している。

シャーマンカレッジのカリキュラムに小児カイロプラクティッククラスまであるくらいだ。

小児カイロプラクティッククラスには2つあり、

必須クラスとアドバンスクラスが提供されている。

講師はICPA認定のベテランドクター達が教えてくれる為、常に講義中の質疑応答の質が高い。

クラスでは発生学、小児へのスパインチェック方法、身体検査方法、アジャストメント方法などを学ぶ。

赤ちゃんへのアジャストメントは本当に優しい刺激で行い、それは自分の指で眼に優しく圧を掛けてマッサージする様な圧力に近い。


カイロプラクターが赤ちゃんや子供達の背骨と神経系のケアに力を入れるのには理由が在る。


赤ちゃんはお母さんの細い産道を通って生まれてくる。

お母さんが赤ちゃんを産むために力む力は想像以上に強く、赤ちゃんが体験する圧力は約12kg。









20190330060406ad7.png

吸引分娩を行なった場合の圧力は更に上がり約20kg。











201903300607519c0.jpeg

更に必要な場合には、赤ちゃんの首を捻り引っぱるという力も加算される。





赤ちゃん自身の体重がたったの2.1-3.7kgということを考えると、

出産過程に於ける赤ちゃんへの身体的なストレスは相当大きいと言えるだろう。


米国ハーバード大学研究員TowbinはSIDS(乳幼児突然死症候群)と出産に関する研究を行い、

「自然分娩では新生児の上部頸椎領域で椎骨変位が発見され、鉗子を使用した分娩の場合は上部頸椎領域に加え下部頸椎(C7)から上部胸椎(T1)の椎骨変位が発見された。

新生児死亡ケースの33%には甚大な脊髄神経又は脳幹への損傷が確認された。

SIDS新生児の17人中10人にはC1(第一頸椎)の変位が確認された。

我々は逆子分娩と脊髄神経損傷の関連性を研究し、分娩中に新生児の足を引っ張るなどの方法により、脊髄神経線維は5cm程引き伸ばされる(新生児の脊髄神経は最大伸長時でも約0.6cmしか伸びない)。研究では特にC7-T1領域で脊髄神経損傷が確認された。」

などと発表した。


赤ちゃんのみならず、全ての人々にとって神経系は最も重要な器官の1つ。

身体の治癒、消化、吸収、排泄、呼吸、血液供給量の調整、体温調節、免疫力などなど

神経系は身体全体の機能を常にコントロールしている。



その神経系に脊椎サブラクセーションという干渉が起こっていた場合、オーストラリアでは新生児は法律上カイロプラクティックケアを受けることが出来ないと言う事だ。


干渉を抱えたまま過ごす2年間と

神経系に干渉無く過ごす2年間

人生の質、身体機能の質は同じだろうか?



カイロプラクティックは脊椎サブラクセーションという神経系への干渉を取り除き、身体本来の機能を取り戻す手助けが出来る。










20190330061050829.jpeg

生まれた瞬間からカイロプラクティックケアを受けるという事は、早い段階で背骨の神経伝達干渉の発見とケアが出来るということ。



アメリカでは多くの子供達やお母さん達がカイロプラクティックケアを利用しているが、もしかすると日本では、赤ちゃんや子供達もカイロプラクティックケアを受けられることを知らない人の方が多いのかもしれない。


小児カイロプラクティックケアは

親御さんや学校の先生方、小児科医や産婦人科医などの先生方も知っておいて損はない

素晴らしいライフケアオプションだと想う。


子供達が本来持っている身体の機能を取り戻すことで

彼らの健康はより良い方向へ向かうだろうか?

彼らの成長により良い影響があるだろうか?

彼らの笑顔はもっと増えるだろうか?

彼らの10年、20年後の未来に良い影響を与え得るだろうか?





今一度考えてみて欲しい。











「貴方の身体を創り上げた力が、貴方の身体を癒す。」

Dr. B.J.Palmer





プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR