~ 御報告 ~

いきなりですが・・・




先日、婚約しました!!!






これからは


「自分の」


ではなく


「二人の」人生として


最高の未来を一緒に創っていきたいと想います。





二人ともストレートカイロプラクターなので



どれだけカイロプラクティックの独自性を護り、その発展に貢献出来るか



どれだけ多くの人々・動物たちにサブラクセーションケアを提供出来るか



共に歩むTIC道に、今からとてもワクワクしています。
















「結婚する上で大切なのは、笑いの在る家庭を一緒に築くこと。」

 Betty Gelardi D.C.(シャーマンカレッジ創設者の奥方、シャーマンカレッジ初代ファーストレディ、ストレートカイロプラクター)

















~ カイロプラクティックの近未来 ~

今日はブレアーセミナーシリーズの二回目、 Intermediateを受講して来た。


講師のDr. ブロウは、ブレアー式のX-Ray画像を長年撮ってきた。


そして最近コーンビームCT(CBCT)を自分のオフィスに導入し、3次元の画像分析を行っている。


このコーンビームCT、X-Ray分析を長年やってきたドクターからすれば完全にチートだろう。


X-Rayの2次元から、CTの3次元画像分析になることで、


X-Ray分析時の曖昧さが一切排除される。


そしてX-Ray撮影時のチューブの傾きやバッキーのアングルなどの要素ももはや必要ない。


撮影時間は大幅に短縮され、レントゲンを複数撮る必要も無い、更に画像分析の精密さはX-Rayの比ではない


Dr. ブロウの講義では、既存のX-Ray(2次元画像)分析のエラーと


CBCTの3次元画像分析がカイロプラクティック画像分析に与える大きな可能性を話してくれた。


これからのカイロプラクティック(特に上部頸椎)の画像分析の主流は、X-Ray(レントゲン)ではなく


間違いなくコーンビームCTとMRIに成るだろう。


それもそう遠くない未来に。



特にブレアードクター達は、オフィスにコーンビームCTを導入し


よりスペシフィックなプラクティスを行っている。















maxresdefault.jpg
360度から脊椎が分析出来る















IMG_E3769.jpg
取り除きたい身体の部分はどんどん消すことが出来る















IMG_E3770.jpg















pastedImage.png
従来のようなX-Ray画像への変換も可能















そして最近シャーマンカレッジでも、最新の画像分析技術を提供するべく「アドバンスMRIクラス」の創設が進められている。


MRI画像分析により、これからは椎骨の変位だけでなく、実際に脊椎サブラクセーションと脳機能、脳脊髄液の流れの関連性についても注目が集まるだろう。




更に、まだ確定ではないもののブレアー協会からコーンビームCT (CBCT)がシャーマンカレッジへ将来寄贈されるかもしれない。


そうなればCTスキャンを教えるクラスの創設もあり得るだろうから、


益々スペシフィックなカイロプラクティックケアをシャーマンヘルスセンターを訪れるクライアントへ提供出来る訳だ。


カイロプラクティックは、他の職業がカバーしていない分野、つまり脊椎サブラクセーションの状態を科学する職業だ。


唯一無二の職業としてのカイロプラクティック


つまり脊椎サブラクセーションのみを扱うストレートカイロプラクティックの未来は


眩しい程に明るい



自分は観る。
















30710868_1898387216902495_110353631369074281_n.jpg
カイロプラクティックに於けるCBCTとMRI画像分析の発展から益々目が離せなくなってきた!!!

















「カイロプラクティックに何か他のサービスを混ぜた時、そこに終着点はありません。そして独自性も無いのです。」

 Thom Gelardi D.C.












~ CCX ~

昨日CCX(Clinic Challenge Experience)というシャーマンカレッジ伝統の行事が行われた。


この行事はインターンに成りたてのクラスを対象に、各チームに分かれて様々なイベントを協力してクリアしていくというもの。


自分のチームは赤チーム。















IMG_3729.jpg
準備体操。皆ワクワクした良い表情をしている















IMG_3731.jpg
都会や自然の写真の中に隠れている数字を探し、並べていくゲーム。














IMG_3733.jpg
シーソーの板に乗り、皆でバランスを取るゲーム。











ただゲームやって愉しんでるだけ(笑)に見えるけど、


意外に協力性やコミュニケーション能力、リーダーシップを磨く良い遊びだと想う。














IMG_3735.jpg
CCXの山場、バンジージャンプ台!















IMG_3736.jpg
かなりの高さだ。11m位かな















IMG_3728.jpg
出番にドキドキ・・・














IMG_3726.jpg
ポールのてっぺんに到着。恐怖を感じる高さだ













IMG_3725.jpg
命綱を握ってくれている仲間を信じて飛ぶ!とうっ!!














IMG_3722.jpg
チームの皆で仲間の命綱を握りしめる。















IMG_3732.jpg
チーム・レッド。良い奴らだ














IMG_3714.jpg
最高の経験をありがとう、シャーマン!!















お互いに信頼関係を築きながら、各人の強みやアイデア、リーダーシップを活かしてイベントを乗り切って行く経験は、本当に愉しい。


一人でやれる事に限界は在る。


だけど信頼出来る仲間を持つ事で、出来る事の可能性は何十倍にも広がっていく。


そんな事を感じたCCX。




この伝統行事はこれからも続いていって欲しいね。
















「リーダーとは常に勇気と希望を与える存在でなければいけない。」

 佐々木常夫













プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR