~ 生ける伝説 ~

今日はDr. ゴードン・ブラウンの96歳の誕生日。


御祝いするべく、シャーマンカレッジ敷地内に在るブラウン邸にお邪魔して来た。





ドクターは1941年パーマースクール卒でバリバリのターグルアジャスターだった方で


B. J. パーマーリサーチクリニックでの勤務経験あり


Dr. ライル・シャーマンとは互いにスパインチェックし


シャーマンカレッジをサポートする為にサウスカロライナ州に移り住んだ



などなど・・・



濃厚過ぎるTIC人生を歩まれてきた。



90歳を超えてなお、ドクターの目力やオーラは力強かった。





自分が今こうしてシャーマンでカイロプラクティックを学べるのも、Dr. ゴードンのようにシャーマンカレッジのミッションに賛同しサポートし続けてくれた人たちの御蔭。




これからも益々元氣に、我々シャーマン学生たちにその叡智と闘魂を注入して頂きたいと想う。















20264656_1561137240627496_3013595173321996678_n.jpg
御誕生日おめでとうございます!!!




















「私は40年以上カイロプラクティックをやってきたけど、引退なんてするもんじゃないな。まだまだやれる氣がするよ。」

 ゴードン・ブラウン D.C.











~ 出逢いと別れ ~

昨日はDr.ハートのオフィスを訪ねて来た。



Dr. ハートは今年シャーマンを去り、サウスカロライナ州のグリーンビルで再びプラクティスを始めた。


長年に渡ってシャーマンカレッジに貢献し、


特にカイロプラクティックリサーチ分野の発展やシャーマンミュージアムの管理などはDr. ハートが居たからこそ。


だからDr. ハートがシャーマンを辞めたと聞いた時はホントに驚いた。



とはいえ、大きな希望を持ってプラクティスを再開されたDr. ハート、彼の眼は熱く輝いていた。




そして三週間前には、シャーマンで約37年間に渡って神経学を教えてきたDr.デュークも引退され


シャーマンカレッジには世代交代の風が吹いている。



自分としては、古き良き時代のシャーマンを知るドクターたちが少なくなっていくのは寂しい限りだけど



本当にお疲れ様でしたと、シャーマンカレッジに尽くして頂きありがとうございましたと



心から感謝を述べたい。








逢いたいと感じた人には、すぐにでも逢いに行った方が良い。


つまらないことに囚われて躊躇したり迷ったりしてる間に、その人と逢える機会を失い後悔するかもしれない。


人との出逢いや交流は、正に「縁」というタイミング。


機を逃せば簡単に失われるものなんだと今回の件で強く感じた。



Dr. ハートとDr. デューク、


彼らから学べたことは間違いなく自分の人生の財産だ。


























20228430_1557282841012936_3450733065514665069_n.jpg
Dr. ハートのオフィス
















20246349_1557282811012939_9130204777665854910_n.jpg
Dr. ハート、TICing愉しんでください♪



















「人生において、万巻の書をよむより、優れた人物に一人でも多く会うほうがどれだけ勉強になるか。」
 
 小泉信三














~ また米国へ ~

日本滞在を終えて米国へ戻って来た、来週からまた新学期が始まる。


今回の帰国では、幸運にも家族と過ごせた時間が多かったように想う。


そして、


家族がどれだけ自分の人生にとって大切な存在かを実感出来た時間でもあった。



姉夫妻の家に滞在させてもらった時、


甥っ子と姪っ子の通う小学校を訪問する機会があり


子供達が魅せてくれた授業への取り組みにえらく感動した。


自分たちで行う給食の配膳や後かたずけ、校内掃除などは海外の小学校ではほぼ見られない光景らしく


与えられた役割に対する責任感や物を大切にする心を育む素晴らしい日本文化だと想う。





例えばアメリカの小学校では、子供たちが掃除や給食の配膳を行うことは全くないそうで


日本の小学生の学校生活は正に衝撃的だそうだ。



日本には日本の良さが数え切れない程沢山在る。



それは海外に実際に住んでいる日本人が一番痛感する事だと想う。



世界がずっと身近に成った今日


だからこそ今一度、目の前に在る日本の素晴らしい”あたりまえ”な文化を


大切に繋いでいって欲しいと想った。




地元札幌に帰ってからは、


家族で酒を飲んだり、北海道の寿司を堪能したり、小樽観光に行ったりと兎に角家族と過ごす時間を堪能した。















19553962_10154955433443757_3973078140450545999_n.jpg
知らぬ間に寿司を食い過ぎて、トランプタワーならぬHiroタワーが出来ていた(笑)


















祖父の墓参りも出来たし、これでまた心置きなく米国で頑張れる。















19894616_1535444773196743_4124444799196386525_n.jpg
See ya again Nippon


















19731836_1535444616530092_4798675005581447412_n.jpg
行って来ます!!!














「われわれは知性に生きるのではなく、意志に生きるのだ。」

 鈴木大拙













プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR