~ 帰還許可 ~

昨日、シャーマンカレッジから復学の許可が下りた。


ライフ大学での三ヵ月は、


リアルに人生の色を失ったような感覚で日々を過ごしていたし、常にシャーマンへの想いが燻り続けていた。



自分の力だけで来学期からの復学は成し得なかったが、幸運にも自分は多くの仲間に恵まれている。


両親をはじめマスタートム、多くのシャーマン講師、友人達にと


本当に多くの方々に支えてもらい実現した。




この最後のチャンスを活かして、卒業まで突っ走っていく。






俺はシャーマンに帰るぞ!!!

















「己をうしなえる生は死よりも意義なし。己をうしなはざる死は生よりも意義あり。」

 By 長谷川如是閑














~ 春を体感 ~

ここジョージア州にも春が来て、晴れた日の気温はもう20度近くある。


住んでいる近くに国立公園があるので、ランニングに行って来た。









IMG_6658.jpg
アメリカに居ても桜を観られるのはありがたい











IMG_6663.jpg
ケネソウ山戦跡国立公園。南北戦争の戦場となった場所だ











IMG_6665.jpg











IMG_6669.jpg
戦闘によって拓かれたように、ポッカリと空いた草原。










IMG_6684.jpg
砲台跡













IMG_6671.jpg











ランを終えて、来た道を裸足で帰ることにした。


こっちではグラウンディングと呼ぶらしい。


大地と繋がるぜ!と意気込んだが、


この公園には馬に乗りながらトレイルを歩くサービスもあるようで、


馬のウン●が道のあちこちにこんもりと置かれている。



ウン●と”繋がる”訳にはいかないので、慎重に歩いていく。









IMG_6704.jpg











素足で大地を歩くのは久しぶりだ。

足の裏が、大地の情報を知る為に懸命に働いている。

ランニングシューズと素足。

足裏の筋肉の使い方がこうまで違うのかと驚いた。

土の質をダイレクトに受け取る足。砂利道を歩いてる時なんかは、まるで強烈な足つぼマッサージを受けてるような感じだった。



途中で出逢った男の子が、自分の真似をして素足で歩きだした。

良いと感じたら即実践。


子供の決断力の高さは素晴らしい。


年を重ねるにつれて知識と経験が増えるせいか、


新しいことやワクワクすることに挑戦するまで、時間が掛かる気がする。



子供の即決即動力、俺も見習わねば!



グラウンディングを終えて、


帰る頃には身体は軽く、気分も清々しい。



地球と肌で触れ合う。



地に(素)足を着ける。




大事だね!!

















「大地は人間のものではなく、人間が大地のものだ」

 By スクアミッシュ族 シアトル首長















プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR