~ LIFE大学 ~

シャーマンカレッジ復学を目指し、ジョージア州マリエッタに在るライフ大学にお世話になっている自分。

ここで数クラスを受講している。



大きくて立派な校舎にお洒落なカフェ、スポーツジムに多様な大学プログラム、カイロプラクティックリサーチの分野も充実している。












IMG_5643.jpg
川の見えるラウンジみたいなところもある。













IMG_5558.jpg
大学前のトレイル脇には、小さな滝やロッジみたいな建物もあった。












学長のDr. Guy Riekemanや元シャーマンカレッジ学長で現在はここで哲学などを教えているDr. David Kochの講義を受けているが、カイロプラクティックの目的をしっかり学生たちに届けてくれる熱いドクターが居ることも嬉しかった。



おまけに現在、婦人科の施設内や収監所内でインターン生がカイロプラクティックケアを提供出来る話しも決まりつつあるようだ。学校が学生にカイロプラクティックケアの可能性を示し、実際にプラクティス出来る環境、社会に貢献出来る環境を積極的に創造する姿勢は素晴らしいと感じた。



シャーマンカレッジでは、一クラス多くても5~60名ほど。ライフ大学では180近くの学生が共に講義を受けている。講師の目が学生全員に行き届きにくい反面、学生に対する学校のサポートや、学生同士のグループ交流などが逆に充実している。



シャーマンカレッジから自分と同じような境遇で転校して来た学生と話した。


彼女に「何故わざわざシャーマンカレッジに戻ろうと思うの?ライフ大学の方が素晴らしい環境じゃない。」と言われた。



確かにライフ大学は良い大学だと思う。


しかしここで過ごしていて感じたのは、学校そのものの立派さや環境の良さを自分は求めていないということ。


学校とは人なんだということ。


それは自分が誰から学びたいのかが重要だということ。



シャーマンを離れ、他の大学に来たから分かったことだ。



自分はDr. ポーター、ミツィ、ハート、キュータらシャーマンスピリットを持つ講師陣からもっともっとカイロプラクティックを学びたい。



それが自分の中での答えだった。




シャーマンカレッジは自分にとって特別な場所であることは間違いないが、

もし自分の中で学びたいと思える講師がシャーマンに居なかったら、

彼女のようにライフ大学でも良いかと思ったかもしれない。





誰に学ぶか・・・大切ですな。







シャーマンカレッジ復学という目的を果たす為、ライフ大学での”ライフ”が始まった!!













IMG_5642.jpg
ライフ大学、しばらく厄介になります☆

















「志定まれば、気盛んなり。」

 By 吉田松陰
















~ マスタージェラルディ御夫妻 ~

今日は新年一発目と成る、Dr. トム&ベティ ジェラルディ御夫妻とお会いして来た。

毎月のようにお二人にお会い出来ていることが、他の学生たちと一緒にお二人に会うことで、

どれだけ幸運なことか、どれだけ栄誉なことかを再認識させてくれる。

意識しないとすぐにそんな素晴らしいことにも“慣れてしまう”。

気を付けよう。。。


縁とは誰かから与えてもらうものじゃなく、自分の努力と行動があってこそ育んでいけるものだ。



今日も多くの学びを頂いた。


マスタートム曰く、


「君たちはこれから多くの例外的な症状や病気を抱えたペイシェントに巡り会うと思う。

盲目や嗅覚不全から回復された方。

ライ症候群や、何年経っても首の座らない発達障害から回復した子供たち。

カイロプラクティックケアを受けて、抱えている悩みや病気からの回復は確かに素晴らしい。

けれどもっと素晴らしいのは、その人その人が持つイネイトそのものだと思う。

私たちカイロプラクターはただ背骨の神経干渉にフォーカスしてアプローチしているだけだ。

その刺激を活かして、より良い命の表現を達成出来るのはカイロプラクターではなくその人自身の力に在る。

ペイシェントがどんなに良い状態だ、どんなに酷い状態だなどと訴えて来ても、カイロプラクターはスパインチェックをし、必要な時だけスラストする。

そうやってストレートカイロプラクティックを行っていれば、マッサージやサプリメントを売りつけてる暇もないだろう。」






自分たちがカイロプラクターとして活躍していく未来には、カイロプラクティックに対する既存の哲学的・科学的・技術的解釈ではないのかもしれない。


しかし、カイロプラクターの対象はこれからも不変であり、その存在は何処までもオンリーワンで在り続けられるだろう。


脊椎サブラクセーションを取り除くという唯一のミッションの下に。




言うまでもなく、お二人と話し終えた後の自分たちの顔は、使命感とやる気に満ちていた!!
















12376833_958678904206669_5393393811526385029_n.jpg
ジェラルディ御夫妻、今回も素晴らしい時間をありがとうございました!!!
















"Straight Chiropractic is defined as a natural philosophy of life and health, and the art and science of locating, analyzing and correcting vertebral subluxations in accordance with that philosophy." Sherman College of Straight Chiropractic Bulletin pg 11, 1982-84.

「ストレートカイロプラクティックとは、生命と健康に関する自然哲学であり、
 脊椎サブラクセーションの特定、分析、そしてそれを正す為の芸術と科学は、
 その自然哲学に沿うものとして定義される。」

 by シャーマンカレッジ オブ ストレートカイロプラクティック便覧 p11, 1982-84 より














プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR