~ 120年変わらぬもの ~

カイロプラクティックの生誕120周年を祝おうと、先日Dr.トム&ベティのご自宅へ友人たちと共にお邪魔した。

Dr.トム&ベティ、お二人のカイロプラクティックとシャーマンカレッジの歴史を交えながらのお話しは、自分たち学生にとってとても意義の在るものだった。


「哲学がカイロプラクティックの核ではなく、サブラクセーションをアジャストすることがその核と言える。」












IMG_1655 [248107]












FullSizeRender [248103]












FullSizeRender [248105]











自分は、カイロプラクティックの生命観(哲学)がこの職業のアイデンティティというより、サブラクセーションというアイデア(対象)そのものがアイデンティティだと思う。

対象が在るからこそ、それについて考えられる、学問出来る。

そして「我々は対象についてこう観る・考える」という自然現象への理解が、特定の分野に於ける一つの哲学に成ると考えている。

物質論的な医学や科学、無物質論的な神学などが良い例ではないだろうか。これらはそれぞれ、学問対象が物質的であるかないかの違いから、自分たちが生きている世界(自然)に対する解釈(哲学)が異なる。

だから、対象がその学問の世界観・自然観を創っているのだと思う。

故にカイロプラクティック哲学が脊椎サブラクセーションという対象を創っている訳ではなく、常に脊椎サブラクセーションという対象から我々の生命観やその哲学的思考が発生していると言える。


カイロプラクティック哲学とは所謂プロフェッショナル哲学であり、

カイロプラクターそれぞれが持っている個人的哲学とハッキリと違うのは、



プロとして何を追求するのかが明確な所だろう。



カイロプラクターは何のプロフェッショナルなのか?その哲学とは何か?



カイロプラクティックはあくまでもサブラクセーションを追求するもの。


それは創設者D.D.パーマーから続く、ずっと変わらないものだ。












FullSizeRender [248101]












FullSizeRender [248099]












"Chiropractic is unique because of its unique mission." (Chiropractic Revealed P94より)

「カイロプラクティックはその独自のミッション故に、他に類を見ないものなのです。」

 By Thomas A. Gelardi D.C.














プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR