~ 価値を掴む ~

中間試験やテストラッシュも一区切りついて、二学期も残りあと半月。

今の時点で約四分の一のクラスメートがシャーマンカレッジを去った。

辞める理由の多くは、学業のハードさに着いて行けないということだった。



実際D.C.プログラムは簡単じゃない。

一学期一学期乗り切って行く為にも、カイロプラクティックにどれだけ価値を見出せるかが大切になると思う。



自分がクラスメイト達に出来る事を考えた時、

先輩達から鍛えて頂いたカイロプラクティック哲学とターグルリコイルを中心に共有して行こうと決め、

日替わり勉強会を始めた。


カイロプラクティックの哲学・科学・芸術を一緒に磨きながら、価値を掴んで欲しいと思う。













Toggle together
            スピード&スナップ!
















"Only the chiropractic philosophy significantly distinguishes the chiropractic practitioner... Dispossessed of its philosophy, chiropractic is dispossessed of its uniqueness, and perhaps its future."

「カイロプラクティック哲学だけが、有意にカイロプラクティック実践者の特徴となります・・・その哲学を持たないということは、カイロプラクティックは独自性を持っていないという事であり、恐らく未来もありません。」

By E.A.Morinis, Ph.D. (社会学者, JCCA 1980, 24(3): 118)
















~ シャーマンLOVE ~

ライシアム最終日は、カメラマンとしてシャーマンカレッジを見学に訪れた人達と行動した。


カイロプラクティックやシャーマンカレッジに興味を持った理由は其々だが、皆一様に目を輝かせながら見学を愉しんでいた。


移動の最中やダウンタウン散策などで色んな人にカイロプラクティックの独自性、他の職業との目的の違い、そしてシャーマンカレッジの特徴などを伝える事が出来た。











IMG_2026.jpg
           スパータンバーグツアーに出発!











IMG_1914.jpg
              賃貸物件も観て回る










IMG_1942.jpg
              ダウンタウンを散策











IMG_1938.jpg
     引っ越してくるのが愉しみだと言っていた。嬉しいね~











IMG_2289.jpg
     シャーマンカレッジの森でレクリエーションを愉しんだ











10639682_10206588161046963_8284877047097604475_n.jpg
              カメラマン最前列!笑












IMG_2161.jpg
                   皆で自撮り中











11209467_1433242726979573_4980975194826665422_n.jpg
                 ハイパイ!











IMG_4896.jpg
宴会場にて、アイリーン・ゴールドD.C.(前列向って左から二番目)も御健在だ!












IMG_4953.jpg
               ダンスタイム











IMG_4987.jpg
学長(向かって前列中央右)、副学長(向って前列中央左)とプエルトリコのシャーマン学生たち












11209715_831532460254648_7060185830344996674_n.jpg
             大いに弾けた!!!笑













今年のライシアムはカメラマンとして、色んな人と触れ合い、カイロプラクティックで繋がる事が出来た。


学長はじめ、スピーカーのDC、訪れたゲスト、そしてシャーマン学生、皆で創り上げたライシアム。


連日遅くまで居たが、疲れるどころか身体が喜んで大変だった(笑)





シャーマン最高!!!












IMG_2139.jpg
          皆との再会する日が愉しみだ。












"Of utmost importance to a chiropractic college is its concept of a practitioner. That concept is almost synonymous with its mission."

「カイロプラクティックカレッジに於いて最も重要なことは、

 カレッジの実践者に対するコンセプトです。

 そのコンセプトはカレッジのミッションとほぼ同義と言えます。」

 By Thomas A. Gelardi D.C.(シャーマンカレッジ創始者)












~ アニマルカイロプラクティック!!! ~

ライシアム二日目の今日は、一番愉しみにしていたアニマルカイロプラクターDr. Jay Komarekの講義に参加して来た。


言葉のコミュニケーションが出来ない分、動物たちにカイロプラクティックを文字通り体で感じてもらうアニマルカイロプラクティック。

自分は小さい頃から動物が好きで、以前は獣医に成ることも考えた。

なのでアニマルカイロは必ず学びたい分野だった。


Dr. ジェイは37年間動物たちと向き合って来られた大ベテランのアニマルカイロプラクターだ。


動物たちと関わってるカイロプラクターは、共通して相手の空気に合わせるのが上手い気がする。

Dr.ジェイからもそんな懐の深さを感じた。


講義は脊椎サブラクセーションとメンタルインパルスの流れ、トーンと生体力学を中心に行われ、その後ドクターが実際に馬と犬のスパインチェック(脊椎サブラクセーションの有無のチェック)を見せてくれた。












IMG_1783.jpg
      やってる事が伝わっているのか、犬も静かなもんだ











IMG_1821.jpg
    犬とカイロプラクター双方の安全の為に、時には口輪も使う











IMG_1823.jpg
     青空の下でのプラクティスも、アニマルカイロの魅力だ













IMG_1728.jpg
                 馬!











IMG_1756.jpg
       馬の反応に寄り添うような検査が印象的だった











IMG_1758.jpg
               頸椎部の検査











IMG_1775.jpg
               頸椎部の検査2











IMG_1767.jpg
           胸筋のキレが半端無い!笑











IMG_1772.jpg
          アトラス(第一頸椎)チェック中











Dr.ジェイのスパインチェックとアジャストメントアプローチは、一貫して動物たちへのリスペクトに溢れていた。

カイロプラクターが動物をどうこうするのではなく、

動物たちにカイロプラクターが認めてもらう

そういう姿勢が大事なんだと、Dr. ジェイはプラクティスで示してくれた。




アニマルTIC!熱いね!!












IMG_1818.jpg
              KEEP SMILING











IMG_1799.jpg
         アニマルカイロ習得が益々愉しみだ!!!














「動物はカイロプラクターの鏡です。
 カイロプラクターが心を閉ざせば、彼らも心を閉ざすでしょう。」

 By Jay Komarek D.C.













~ 目的ありき ~

ライシアム一日目。


カメラマンとして、あるスポーツ外傷のレクチャーに参加して来た。

そこでは参加者たちが、講師の出す外傷ケースをどう扱うのかを一生懸命考えていた。



何なんだここは?



これがその光景を観た自分の正直な気持ちだった。


苦しんでいる人を救いたい、怪我した人を助けたい、来る人を癒してあげたい

そういう気持ちは、施術者を志す人なら殆どの人が持ってる感情だと思う。

しかし施術者が自分の欲望のままにやりたいことを追加して行ったら、キリが無いばかりか専門家とももはや言えない。



Sick people get wellがカイロプラクティックの目的なのか?


脊柱という解剖学的にも限定された職業であるはずのカイロプラクティックに、
四肢の矯正や外傷の処置は適切と言えるのか?


個人的な動機が、職業本来の目的を捻じ曲げることはアリか?




自分の答えは全てNOだ。



病人や怪我人を治すという目的は医療分野となる、

カイロプラクティックは身体機能の調和とコミュニケーションにその関心が在る。

カイロプラクティックと医療は元々のコンセプトが全く違う。

カイロプラクター自身が混同していて、クライアントにカイロプラクティックが伝わるとは思わない。響くとも思わない。



医学的なリサーチで、どんなにカイロプラクティックケアの有効性を証明しようがそれはカイロプラクティックのプラクティスと関係ない事だ。何故なら目的が違う。

カイロプラクターは症状や病気、怪我などがカイロプラクティックケアで治るなどと約束出来ない。

それは創始者が謳う「病因学、或いは他の如何なる医学分野とも関連しない。」というカイロプラクティックの定義との矛盾も生まれる。



カイロプラクターの動機は何処まで行こうが個人的なものだ、

職業が持つ目的を変えることは出来ないと言える。





職業の一線は目的が引いてくれる。


動機は置いといて、まず目的を大切にしないといけない。











IMG_1127.jpg











IMG_1177.jpg











IMG_1179.jpg










11150647_830204103720817_2157861798154838714_n.jpg













"Chiropractic is a name I originated to designate the science and art of adjusting vertebrae. It does not relate to the study of etilogy, or any branch of medicine. Chiropractic includes the science and art of adjusting vertebrae - the know how and the doing."

「カイロプラクティックとは、私が脊椎調整に於ける科学と芸術を指して付けた名称である。それは病因学、或いは他の如何なる医学分野とも関連しない。カイロプラクティックは、専門的知識や業といった脊椎調整に於ける科学と芸術を有する。」

 By Daniel David Palmer(カイロプラクティック創始者)




















プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR