~ 仲間 ~

昨日はクラスメート達とシャーマンの図書館で勉強会をした。


プレカイロの為通っていたコミュニティカレッジでは、クラスメート達の専攻がそれぞれ違うとは言え、二年間も居ながら一緒にテスト勉強した事など一度も無かった(笑)


やっぱり


ここでカイロプラクターに成るんだ


という共通の目的が在るから、皆一緒に頑張ろうという意識が生まれるんだろう。


それに学校生活で感じる悩みや喜びを”同じ時間軸”で共有出来る。


今年からの新天地、シャーマンカレッジで得た同期の存在は自分にとって、本当に良いもんだと思う。




新天地と言えば、

弟が転勤の為来月から初めて地元札幌を飛び出し、人生初の一人暮らしを始める事に成った。


彼のフェイスブックには新たな土地で頑張るんだという意気込みが熱く書き込まれていて、

そこへ多くの友人達から応援のコメントが沢山入れられていた。


兄として、弟が多くの友達に囲まれ、彼らと良い付き合いをしてる事が分かってホントに嬉しかった。



何かに挑む人間は、良い意味で周囲を惹きつけ、刺激出来る。


どんどん新しい環境を活かして、そこでも素晴らしい仲間を創り、

今の友人達との繋がりも大切にして、大いに輝いて欲しいと願っている。















IMGP7569.jpg
                    弟と














「友と交わるには敬愛の二字を心法とす。」

 By 貝原益軒(江戸時代の本草学者、儒学者)













~ 動き出す ~



カイロプラクティックを護りたい。

カイロプラクティックを発展させたい。

カイロプラクティックを伝えたい。

カイロプラクティックを繋ぎたい。




これらはシャーマンカレッジやストレートカイロプラクター達の想いそのものではないだろうか。


今回その意志を形にした組織が発足し、自分もその中心メンバーとして活動して行くことに成った。


その名も


TIC道 - The pursuit of Straight Chiropractic -


「道」と名の付く通り、其々の人生をカイロプラクティックというアイデアを通じて謳歌・追究して行く一つの「道」と捉えて名付けられた。


その為メンバー其々の持つ能力や個性によって、組織の持つ可能性は無限に広がって行くと感じている。



セミナーを行うにせよ


和訳して本を出版するにせよ


勉強会を行うにせよ


リサーチを発表するにせよ



組織として考え、実行するありとあらゆる事が全て


カイロプラクティックの為に


という一つのゴールに集約される


そこが個人的にはとても魅力的だし、この組織の存在意義だと想う。



フェイスブックページを先だって皆で作成したので、是非観て、組織の心意気を感じて頂きたい。


TIC道フェイスブックページ



我々が目指すのはズバリ!!!以下の通り






「カイロプラクティック創始者D. D. パーマーが他の職業とカイロプラクティックの区別化を図る指針としたのが脊椎サブラクセーションである。

現在も混純極まるカイロプラクティック界に於いて、本当の意味でカイロプラクティックの本質を護り、発展させ、次の世代へ純粋なままに繋いで行くこと。これは今を生きるカイロプラクターの使命である。また、脊椎サブラクセーションを扱う唯一の専門職としてのカイロプラクティックを啓蒙し確立することは、創始者の本懐でもあると強く信ずる。

脊椎サブラクセーションへの着目とそのアジャストメントという他に類を見ない職業として、D. D. パーマーのカイロプラクティックに対するビジョンを護り、発展させる。そしてそのサービスを可能な限り多くの人々へ提供・発信して行く。これが我々のミッションである。」










TIC道の活動を通じて自分がどれだけカイロプラクティックに貢献出来るのか。



これからがとても愉しみだ!!!













10921727_377838025711286_688188564_n.jpg

















“We never know how far reaching something
 we think, say, or do today will affect millions of lives tomorrow.”

「今日我々が考え、話し、行うことが、明日の無数の人生に影響を与える。
 それがどれ程に達するのか、私達には知る由も無い。」

 By B.J.Palmer D.C.,Ph.C.













~ This IS Sherman College ~

いよいよ始まったシャーマンカレッジでの授業。


嬉しい事に一学期目からカイロプラクティックのクラスが半分を占めた。


カイロプラクティックヒストリー、

哲学、

ターグルリコイル、

そしてパルペーション。



一学期で取るクラス数とその授業スピードは、プレカイロの時と比べると倍近くに成る。


しかしプレカイロ時代と比べ、自身のモチベーションは天と地の差。


これもシャーマンカレッジが今もTICの専門学校として存在しているお蔭。


一日として退屈な日など無く、本当に充実している。
















Porter and me
長年に渡りターグルクラスを受け持って来たDr. ポーター。彼の授業を受けられて嬉しい限りだ。













ここアメリカでは、今でもカイロプラクティックを医療の枠に押し込めようとする動きが続いている。


各州ごとにカイロプラクティックとカイロプラクターの概念が異なる為に、


カイロプラクターが投薬や簡単な手術を行える州まで存在する。











職業として


脊柱上に於ける脳と身体の神経伝達干渉を分析してそれを取り除き、神経ネットワークを十全にさせることを目的としているものはカイロプラクティックだけだ。




痛みや症状、病気をターゲットとしていない為に、ホメオパシーやアロパシーなどの医療が入り込む余地は無い。



なので目的を履き違えるか、都合良くねじ曲げない限り、”カイロプラクター”の投薬や手術などは到底有り得ない話しだ。




カイロプラクターは何を観るのか? 何をターゲットにするのか? 何を提供するのか? 


そしてそれは何故か?




それを入学して第一週目から、クラス皆で考える授業が繰り広げられている。


医療とカイロプラクティックはその目的も役割も、全く別なんだという事が教えられている。




改めて、シャーマンカレッジに入った慶びを強烈に感じている。
















10336630_10153480978698835_6110253917024168964_n.jpg
            2015年冬クラス。クラスメートたちと
















"A college's mission is its reason for being."

「大学のミッションは、その存在理由に在る。」

 By Thomas A. Gelardi D.C.














~ マンハッタンづくしだったNYシティ滞在 ~

次の日のブランチは、ニューヨークの濃厚なチーズケーキを食って行けと勧められたので、ブルックリンに在るJunior'sへ。










IMGP7656.jpg
               DeKalb駅からすぐ











IMGP7658.jpg
オーダーはサーモンベーグル。サワークリームをたっぷり付けて食べると美味い!!











IMGP7659.jpg
    中はサワークリームかと思うほど濃厚なチーズケーキ。量も半端無い。











IMGP7661.jpg
              色んなチーズケーキが並ぶ











小雨のような雪が降る中、セントラルパークを横断してみようと思いたち地下鉄に乗る。











IMGP7668.jpg
地下鉄を待っているとストリートミュージックが始まった。演奏者のレイリーは日本語も達者。日本と縁ある人々と良く出逢う旅だった。











IMGP7674.jpg
    何処からでも絵に成る街、NYシティ。セントラルパークからの一枚。











IMGP7676.jpg
       公園内の雰囲気が本当に良く、散歩するだけで愉しめる。











IMGP7684.jpg
            何気ない橋の下の天井にも注目!











IMGP7692.jpg
   ようやく公園を横断し終えると、デパートやホテルが並ぶ一角に出た。











IMGP7694.jpg
        街の装飾はホントに豪華だ。皆気合が入っている!!











IMGP7696.jpg
ごついセキュリティガードがオートロック式のドアを開けて出迎えてくれる。何だココ的な別世界(笑)、クロムハーツ!!














その後は自由の女神像に登ってみようと思ったが、スーツケースを持ったままでは行けないと言われ断念。


像の在る島の周りを走っているフェリーに乗ってみた。











IMGP7631.jpg
         ウォールストリートのビル群が見送ってくれる












IMGP7628.jpg
                夕日と女神像











IMGP7638.jpg
              今度は像に登ってみよう








SOHOエリアに着いた頃にはもう日が暮れていて、あまり観れなかったが、それでも大勢の人で賑わっていた。



今回NYに二泊したが、正直全然時間が足りなかった。


住む人や店其々のレイアウト、街の建築物、兎に角全てが刺激的


今回はマンハッタンというNYシティの一角を周っただけ。


それでもこれだけ漫喫出来てしまう魅力溢れる都市だが、


あるカイロプラクターがNYシティで開業しているが、オフィスの賃貸料がなんと一日当たり六万円!!!


これは自分が札幌の中の島で一人暮らしをしていた頃の家賃二ヶ月分に相当する(笑)



シャーマン卒業後、少なくともNYシティでのプラクティスは無いな。。。


















「進路を決めるのは風ではない、帆の向きである。人の行く手も海を吹く風に似ている。

 人生の航海でその行く末を決めるのは、なぎでもなければ、嵐でもない、心の持ち方である。」

 By エラ・ウィーラー・ウィルコックス(米国の女性作家、詩人 / 1850~1919)
















~ ニューヨークの旅 マンハッタン編 ~

今回はニューヨーク経由でのサウスカロライナ入りとなったので、初のNY観光を敢行した。


流石都会のジャングル、無数のビル群と人の波は圧巻。


今日はマンハッタンを散策した。












IMGP7590.jpg
               ブロードウェイ通り











IMGP7591.jpg
         クリスマスオーナメントもまだ飾られていた











IMGP7597.jpg
       右手に観える博物館みたいな建物は、何と図書館!!











IMGP7600.jpg
ブランチには東京にも進出しているというSarabeth'sで、ハムエッグとポテトのパンケーキをオーダー。











IMGP7603.jpg
ブリアントパークでは巨大なクリスマスツリーを観ながらスケートを愉しめる。











IMGP7605.jpg
タイムズスクエアに居ためちゃめちゃ怪しいキャラクター達。彼らと記念写真が撮れるようだ・・・











IMGP7606.jpg
     東京をカラフルにしたような街並みが広がる











IMGP7610.jpg
         都会のオアシス、セントラルパークに到着!











IMGP7615.jpg
  超広大な公園にレンタルサイクリングや遊具なども在り、正に憩いの場だ。











IMGP7622.jpg
        セントラルパークの前に在るコロンブスサークル。












ニューヨーカーは冷たいなどと言われるが、


自分が道を尋ねた人や写真を撮って貰った人などは皆親切で、中には日本LOVE&日本語超達者なママさんなども居て、ストレス無く観光を愉しめた。


明日はNYに行ったらマストと言われる、自由の女神像とアメリカの代官山と言われるSOHOに行ってみようと思う。











IMGP7620.jpg
               都会のオアシスにて

















「旅というものは、時間の中に純粋に身を委ねることだ。」

 By 福永武彦(日本の小説家、詩人、フランス文学者 / 1918~1979)
















~ 行く年来る年 ~

昨日の大晦日、またまた嶋田 慶三郎 D.C.のオフィスへお邪魔して来た。


大晦日に押し掛けるヤツなんてさぞ”クレイジー”だと思われただろうが、


慶三郎兄貴の奥方に献上品を納めた上で(笑)、時間を創り自分と逢ってくれた。











10898306_374520512709704_4359032799444043368_n.jpg
            ジャガポックルの盛り合わせ献上!!












色んな話しをしたかったし、実際数時間の中で多くの事を話したけど。


結局は、



これからシャーマンカレッジで気合い入れて頑張って来ますと、先輩に宣言してからアメリカへ行きたかったのかもしれない。



今回まさかの脊椎サブラクセーション状態で、兄貴にアジャストメントアプローチまでして貰ったが、


それもこれから継承するシャーマン式ニーチェストをより理解する為に、自身で体感する絶好の機会と成った。













10366029_374584602703295_7593110521378285914_n.jpg
       シャーマンイズムとエールが込められたアプローチ!!!












その後はお約束の・・・ニーチェストターグルレッスン











988968_374585872703168_5011988933435857349_n.jpg
              大晦日のターグルエクササイズ













最高にTICな大晦日を満喫して、


いよいよ新年を迎えた今日、アメリカへ飛ぶ。



兄貴から受けた恩、感じた想い、TICへの情熱。


自分が兄貴から受け取ったもの全部、カイロプラクティックに還元したい。


行動で応えたい。


シャーマンカレッジを盛り上げて行きたい。





そんなことを想い、平成二十七年は益々驀進して行こうと決意した大晦日だった。



兄貴!昨日は本当にありがとうございました!!




今年は何と言ってもシャーマンカレッジ入学年。



信念持ってひたすら前へ進んで行きます!!!
















10906532_374588449369577_7872271192403815740_n.jpg
      ブログをご覧の皆様、本年もどうぞ宜しくお願いします!!!

















「カイロプラクティックに限界は無い。」

 By 嶋田 慶三郎 D.C.
















プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR