~ ぶつかり合える仲間 ~

先日中部地方に飛んだ。

人生で初めて名古屋、岐阜、愛知県へ乗り込んだ。


名古屋の玄関、セントレア空港から電車で約一時間半。岐阜大垣駅に着くと、熱い空気を放つ吉田 哲也志賀 隆史が出迎えてくれた。


彼らとは歳が近く、意識の高さ、情熱、行動力など全てに於いて刺激をくれる数少ない仲間であり同志でもある。


久しぶりに会ったが二人の放つエネルギーは高く、三人で修学旅行生のようなハイテンションで熱い時間を過ごした。



今回、哲也がカイロプラクティックから全く新しいアイデア、ウツシ(UZSHI)へと活躍の場を移すという事で、


彼の施術を受けさせてもらった。


受けた瞬間から感じる身体機能変化、エネルギーが内から湧いて来る感覚は、

その超低刺激の施術からは想像し難いものだった。


そして今回ウツシを受けられたことで、そのアイデアは



カイロプラクティックとはターゲット、その目的など含め完全な別物であるとも理解した。


ウツシはカイロプラクティックの一部ではないし、テクニックの一つでもない


独立した”別な職業”だ。



その後は哲也の奥さん、洋子さんと息子の右恭くんとも会え、


家族を持つ素晴らしさを感じた。


オフィスを後にし、男三人で温泉に行き、


服を全て脱ぎ去って素っ裸に成り、文字通り”裸の付き合い”をした。



耳触りの良い言葉では無く、腹割って本音でぶつかり合えるダチを持てるのは本当に幸せな事だ。これもChiropracTICが繋いでくれた素晴らしい縁だと思う。


本気で生きてる人間と過ごす時間は、やっぱり特別だ。



吉田 哲也は野心的で覚悟を持ったカッコいい男だから、


これからも最高のライバルであり、心の友としてガチで付き合って行きたい。



彼の新たな挑戦を心から応援している。





哲!何時でも帰って来い!!爆笑














10868077_1586673121566161_1897306805318718840_n.jpg
















「覚悟とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開く事だッ!」

 By ジョルノ・ジョバーナ



























プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR