~ プレカイロ課程修了!!! ~

今日でプレカイロ課程を受講していた大学での期末試験を終えた。


成績的には問題なくシャーマンカレッジへ進学出来るが、入学手続きの進行次第で一月入学になるか、四月入学になるのかが決まる。



この二年間、本当に色んな事が在った。


二年前にサウスカロライナに来て、南部訛りや黒人の多さには驚いたし、アメリカでの授業は付いて行けるか正直不安だった。


アドバイザーの英語が分からなかった為に、苦手な経済のクラスを取って初めての学期で苦戦したのは、今だから笑える話しだ。



シャーマンカレッジを目の前にして、これから三年間もカイロプラクティックに関係無い授業を取るのかと思うととても歯痒くて、聴講生で行けるならそれでも良いんじゃないか?と苦しさから逃げようとした時期もあった。



そんな自分の意識を変えたのは、やっぱりカイロプラクティックだった。



シャーマンカレッジに行くと、当たり前のようにカイロプラクティックが在る


講師に逢えば、自分をオープンに受け入れてくれて、カイロプラクティックを共有してくれる。


そして人生の師とするThom Gelardi D.C.との交流は、カイロプラクティックそのものに触れている様な大きな感動が在る。





英語の語学力検定試験トフルに落ちること何と十回。(ギネス記録に迫るんじゃないだろうか・・・笑)


しかし、三年掛かる予定でいたプレカイロ課程は一年の短縮を果たしたという事実。



プレカイロの二年間で自分を変えたのは、間違いなく自分の中で覚悟を決めたからだ。



素晴らしい人たちとの出逢い、恵まれた環境、心の葛藤や感動を全部、


カイロプラクティックを通じて体験して来た。



その経験の積み重ねが、自分の人生にとってのカイロプラクティックの価値をブレないほどに高めた。





トフルもプレカイロももう受けるのはごめんだが(笑)、そういう過程を経て来たからこそ今の意識が生まれたのも事実。



プレカイロで得たものは知識じゃなく、カイロプラクティックに対する「覚悟」



何よりも大切なモノを得て、いよいよシャーマンカレッジに行く!!!



でもその前に日本に行く!!!





あ~興奮して眠れん(爆)











DSCF5522.jpg



















"When things get tough we can either give up, change our objectives, or we can think bigger and work harder."

「物事が難しくなった時に、私たちは諦める事も、目的を変える事も出来ます。しかし、より良く考え、一層努力することも出来るのです。」

 By Thomas A. Gelardi D.C.














プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR