~ 野郎ハイク ~

今日は久しぶりに山登りを愉しんで来た。

Shermanの友人たちと共に、チムニーロックへ出発!

生憎霧が濃く、雨が少し降っていたが、逆に野郎たちのテンションは揚がり嬉々として登って行く。










IMGP6839.jpg
            頂上付近にて      










IMGP6843.jpg
        友人のジョン(左)、チェン(右)、モハマド(奥)










IMGP6848.jpg
           雨にもかかわらず、意外と登山客が多かった










IMGP6844.jpg












IMGP6852.jpg
            ダイナミックな岩壁に圧倒される










IMGP6876.jpg
           晴天時はデカい星条旗が掲げられている









あっさり頂上に着いてしまったので、更に滝を見に行くことにした。











IMGP6851.jpg
                 疲れたぜ~(笑)










IMGP6877.jpg
           雨の為か植物たちが活き活きしている











IMGP6885.jpg











IMGP6880.jpg
              打たれたくなるような滝!!











気付けば三時間以上山をうろついていたが、疲れよりも爽快感が半端無かった!!!

大地を足で踏みしめて、自然の生命力を身体全部で感じて、美味い空気を吸う。

やっぱ大自然の中に身を置くのは良い。

在るがままの表現とは何たるかを強烈に魅せられ、深い刺激を受けた。


パツキン娘に目を奪われてる場合じゃないぜ野郎ども・・・Feel !!!爆











10155694_10204250065761521_5444248950823824739_n.jpg













「"知る"ことは"感じる"ことの半分も重要ではない。」

 By レイチェル・カーソン(自然科学者)

~ 新時代へ ~

先日Japanese BJこと藤渕啓介氏の下へ、米国のLife Chiropractic College Westの学生たちが、氏のメソッドを学びに日本を訪れた。

カイロプラクティックの本場米国から、日本へ。

これは本当に歴史的な事だと思う。

今の時代、世界はインターネットを介してより身近な存在になった。

特にSNSを通して世界中の人と交流出来るようになった。

時代の恩恵を受けて、彼らはカイロプラクティックの本質を求めて日本の表現者に辿り着いた。

その素直な感性と、その行動力がとても素晴らしいと思う。

彼らのアクションがキッカケとなって、これからLife Westは面白い事になるのではと期待している。

濁りに濁り切ったこの業界の中で、時代は今本質を求めている!


高純度の"ART"に国境無し!!!


プロフェッサー藤渕、

これからも大いに輝いて下さい!!













10402547_652357808192043_4142515244650741293_n.jpg



















「私たちは、天然自然の大宇宙の法則である原理と原則により生かされている!
 天然自然の法則である原理と原則に逆らうことはできない!!」

 By Japanese BJ・藤渕啓介(2014年6月12日、氏のBlog記事より)

~ いよいよ見えて来た ~

夏学期が始まり早一ヶ月。

アドバイザーから「夏学期の授業スピードはヤバイよ~」と脅されていたが、実際受けてみるとサクサク進むし、普通の学期より早く終わるしで、自分にとっては実に良いテンポだ。

そんな今日、Shermanから吉報が届いた。

今までコミュニティカレッジで取得した単位のうち、どれ位Sherman編入への有効単位として認められるのか審査してもらっていて、その結果を教えてくれた。


取得した単位は全て有効!!!


これで編入に必要な90単位の半分以上を消化したことになり、来年の春学期を終えればいよいよSherman Collegeに進める目処が付いた。

具体的な時期が分かると、何だか実感が湧いて来る。


く~っいよいよだ!!!












923131_10151455962803036_1838999852_n.jpg
 Lyle Sherman と Thom Gelardi D.C.




















"One shuold never adjust vertebrae to get them into "perfect alignment," for what one thinks is the right position "educationally," may not suit Innate-it very seldom does."

「脊椎を"完璧な配列"にする為に調整してはいけません。"後天的"に正しいと考える位置が、イネイトと合致することは稀の稀だからです。」

 By R. W. Stephenson D.C. (CHIROPRACTIC TEXT BOOK p317より)

~ バディ ~

方法論では無く、あくまでも目的とその達成を重視するSherman Collegeにあっても、


Sherman スタイル・ニーチェストターグルは、


Sherman College創設から今日まで存在しているShermanの象徴と言える唯一無二の芸術


それに魅了された男から連絡があり、今日はその男、Sherman学生スコットと一緒にニーチェストターグルのトレーニングをした。

テキストを確認しながら、一つ一つのエクササイズを一緒に丁寧に行う。

テーブルの特性を共に学ぶ。


やっぱ一緒にやれる仲間が居ると、質が違ってくる、新しい発見がある、そして何より愉しかった!!!


彼もえらく感動したようで、クリクリした目を輝かせ、途中何度もシェイクハンド(笑)

これからも定期的にやりたいということで、ここに来て自分はついにバディ(相棒)を得た。


基本得ずして進歩・発展・応用無し


一緒に鍛錬して行こう!!










IMGP679.jpg
                 スコットと共に

















「限りなく無に近づけ。 」

 By フィンセント・ファン・ゴッホ(芸術家)


プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR