~ 渡米まで ~

いよいよ渡米まで約1ヶ月。

今回初めての大学への入学申請~VISA申請だったので、とても時間が掛かった感じがする。

心配していたI-20の原本も無事先日届き、急いで米領事館へ発送。あとは何事も無くスムーズにVISAを発行してくれることを願うばかりだ。

今回はカナダへの留学時に出来なかった"国際免許"の取得も完了!!

国際運転免許証の発行は、日数など必要なく、その日のほんの数時間あればOK。

申請に必要な物は・・・運転免許証、パスポート(無い場合は航空券など)、証明写真(縦5cm×横4cm)、印鑑、あとは手数料¥2,400だ。※ただし代理申請は不可(申請者本人が海外滞在中の場合は可能)

受付を済ませ、2時間後には即日発行された。

これで晴れてSpartanburgでも運転可能となったが、有効期限が"1年間のみ"。なのでそれ以降は現地で免許証を取得する事になる。米国での運転免許試験はある意味楽しそうだ(笑)


DSCF4666.jpg
              免許証と比べ、随分大きい



Takaに聞く限りでは、Spartanburgではバスなどの公共の交通機関はあまり見かけないようだ。

調べてみると"Reginal Transit Agency"なるバスがSpartanburgでは運行している。
これがどれだけ利便性に優れているか?が行ってみてからのお楽しみだ(笑)時間にはルーズなのか?自分の生活エリアでの運行本数は少ないのか?それによっては原付か軽自動車の購入も検討しないといけないだろう・・・

兎に角、出発まであともう1か月だ。

自分自身"抜けてる"部分が有る事を自覚し、何重にも漏れが無いか確認を行うべし!!

しかし月日が過ぎるのは本当に速い・・・



「"何々になろう"とする者は多いが、"何々をしよう"とする者は少ない。」

 By 長岡半太郎(物理学者)

~ いざ東京へ! 生き残れる価値編(参日目) ~

東京滞在三日目。

今回の東京に来た目的でもある、B.J.パーマーを考える会主催のセミナー"Method - Onle One -"の日。

朝からワクワクしながらホテルを出る。

新宿中央公園の中を散歩しながら、今回のセミナー会場である新宿パークタワーに向かう。

しかし新宿パークタワーはデカい!!摩天楼の如く聳え立っていた。


406889_390530661021499_1992371353_n.jpg
             新宿パークタワー


会場入りし、定位置(笑)の一番前に座りセミナー開始を待つ・・・

B.J.パーマーを考える会代表の谷崎先生の挨拶から始まったセミナーは、三宅誠先生→嶋田慶三郎D.C.→藤渕啓介先生→村田英昭先生→森寛二先生の順で各々のMethodを披露する事となった。

自分自身の先生方のMethodsを吸収する勢いが強かったせいだろう、後半は身体がホントに疲れた(笑)
しかし精神は物凄い満ち足りた感覚で、心地良かったのを覚えている。正に「幸せ」と言う言葉がしっくり来る。

三宅先生のMethodからは、「"イネイトインテリジェンス"が"自然"から外れてるか、いないかを見極める重要性」

嶋田D.C.のMethodからは、「イネイトの適応から観られる様々な"パターン化"と、"癖付き"。その結果(サブラクセーション)を壊す為に、如何にクライアントと"共鳴"出来るか」

藤渕先生のMethodからは、「カイロプラクティックの原理原則を、創意工夫し、濁り無く体現する情熱」

村田先生のMethodからは、「諦めない想いは、いつか同じ想いを抱く同志達と共に、大きく花開く」

森先生のMethodからは、「自身の"滞りの無い、素直な生命の表現"は、直接カイロプラクターとしての"在り方"に繋がる」


先生方のMethodを聴いていて、特に上記の事が今現在の自分には響いた。今後の自身の在り方や、カイロプラクティックへの姿勢など含め、これからまた一歩一歩Methodsの消化吸収は続くだろう。

先生方のスピーチを生で体感出来て本当に良かった。渡米する前にこのような素晴らしいセミナーに参加出来て本当に幸せだ!!

Spartanburgに行ったら、この感動をShermanの教員や学生達とシェアし、是非対話したい・・・じゃないとあまりに勿体無い。

スピーカーの先生方、主催したB.J.パーマーを考える会の皆様、本当にありがとうございました。


178992_389480987793133_1676941337_n.jpg
                  Japanese B.J.ことDr.藤渕との2ショット!!

189716_389469321127633_932508701_n.jpg
                         全体での記念撮影

305993_517265071619763_1447716167_n.jpg
                   締めはSSCメンバーでの壱枚!!



33Principles of Chiropractic #27: The Normality of Innate Intelligence

~ いざ東京へ! 等々力の怪物編(弐日目) ~

14日の朝、東京は秋晴れだった。

リンさんと軽く朝食を済まし、いよいよ今日は「Office 三宅」に向かう。

等々力駅を降り、入り組んだ住宅街を進む。これは一回目に来る人は解らないだろう(笑)

カイロプラクティックの看板も無く、普通の家に紛れ、そのOfficeは在った。

三宅先生のOfficeに来るクライアントは、朝から弁当持参で皆、気合入りまくりで来ると聞いていたので、すでに混んでいるのでは?と思いながら中に入る。

玄関に靴は二足程しか無かった(笑)

どうやら今日は用事などもあり、Officeは閉めているそうだ。

早速二階にある検査室やレストルームを見せてもらった。検査室の前にはGreen Booksがズラリ!!どれも先生が「読み込んでるぜ!」と言わんばかりの風貌をしている。早速三宅先生は一押しの本を見せてくれた。 Green Books Vol,18 THE SUBLUXATION SPECIFIC ~ THE ADJUSTMENT SPECIFIC だ。同じVol,18を先生は5冊持っており、用途に合わせて使い分けているそうだ。本には多くの付箋がされており、先生が気になったセンテンスに線が引かれ、先生のIdeaが随所に書き留められていた。

「Vol,18を観れば大体全部書いてあるよ。」と先生。

「D.D.Palmer の The Chiropractor's Adjuster から読んでいるんですよ。」と言うと、「それよりVol,18見た方が良いよ。」と三宅先生。24年間ひたすらGreen Booksと向き合って来た先生の言葉はそれだけで説得力十分だ(笑)

その後は先生がレントゲンが撮れない環境から編み出した検査方法をやって頂いたり、タオルで枕の高さを調節する方法(拘りのブランドを使っていた!)を実際自分で寝て体感してみた。

三宅先生が1時間おきに自分の枕(タオル)の高さが、イネイトの表現を邪魔していないか確認してくれた。その度に時間の経過と身体の変化(イネイトの表現)によって、さっき合わせたはずの枕が合わなくなっているのを実感する。枕の高さがイネイトの表現にどう影響するかが自分の身体を通じて実感できた!!

その後もカイロプラクティック哲学やB.J談義で盛り上がったり、ご自身で創意工夫して作った測定器を見せて頂いたり、Sherman留学時にコピーして来た貴重な資料を見せて頂いたりと、半日なんかではとても足りない位有意義な訪問となった。

その日は結局、三宅先生と自分のイネイトによるアジャストメントは成されなかった(ノーアジャスト)。経験で言えば残念だったが、前回のアジャストから5ヶ月経過していることを考えると、日々頑張っている自分のイネイトに感謝したい。

Office三宅を後にし、続いてリンさんのOfficeに連れて行ってもらった。

木材で作られた温もりある空間と、クライアントの体格を考慮して用意されたサイズ別のレストベッドが特に印象的だった。そして、ここにもやはりGreen Books Vol,18が(笑)

最後はSSC(Sherman Straight Club)メンバーで渋谷で食事。
嶋田先生とも久しぶりに再会できたし、チョップ整体の秋澤先生の「受け継ぐ者の苦悩」も聴けて、とても濃く、爽快な弐日目だった。


参日目に続く・・・



602553_389468951127670_379713480_n.jpg
                      Living Legendとパシャリ!!



311332_10151499935698835_1447911890_n.jpg
            TakaがShermanのFacebookページに載る!!いいね~




33 Principles of Chiropractic #26:
Comparison of Universal and Innate Forces:

「In order to carry on the universal cycle of life,
 Universal forces are destructive, and Innate forces constructive,
 as regards structural matter.」

 By B.J.Palmer,D.C.,Ph.C.

~ いざ東京へ! 粗相編(壱日目) ~

昨日の夜、東京から例のChiropracTICセミナーを終えて北海道へ帰って来た。

13~15日の3日間、正にカイロプラクティック漬けの幸せな時間を、素晴らしい方々と過ごせた事は、自分の人生において何にも代えられない宝ものとなった。

その3日間の軌跡を日ごとに書いて行こうと思う。

まずは壱日目。

朝から学生Visaの発行許可を貰いに、札幌に在る米国領事館に行って来た。

面接予定時間の5分前に領事館に滑り込み(笑)、手荷物検査を終えて待合室へ。

そこで面接担当に言われたのは「I-20は原本でないと認められませんので、学校から送って貰って下さい。その後こちらに郵送してもらえますと、2週間ほどでVisaは発行できますよ。」

・・・何という事だ。

その時自分の脳裏に学校の相談係"コニー"の言葉が浮かんで来た。「HIRO、あなたのI-20は郵送では無く、E-mailに添付しといたからね❤これで完璧よ!がんばって♪」

コニー・・・がんばってじゃなく、ちゃんと原本を家に郵送してくれ(笑)

結局コニーに至急I-20の原本を郵送するようにメールで依頼し、彼女は「そんなの今まで聞いた事ないわ!」と言いながらも後日直ぐにI-20を郵送してくれたようだ。やれやれ。

Visa申請(DS-160作成など)~面接までの不備が無いこと。これは非常に重要で、提出書類のミスがVisa発行期間に大きく影を落とすことになる。不備なく行けば大体2週間でVisaは発行されるが、提出書類に問題がある場合、最大で6週間近くも発行するのに掛かってしまう。その差は発行だけで"約1か月"。俺のケースで行けば、学校から家にオリジナルのI-20が届き(約1週間)~それを米国領事館に郵送し(2~3日)~その後領事館の方が確認後Visa発行(約2週間)となるので、スムーズに行っても1カ月後の12月中旬になるだろう。出発の約1週間前に届く計算になる・・・かなりのギリギリChopだ。

面接が一体何時に終わるか解らなかった(問い合わせると、「完全にケースバイケースだ」と言われた)ので、東京行きの時間は夜の19時に。リンさんには「21時には成田に、22時くらいには東京に着きます。」と連絡したが、それが初日から粗相を"かます"始まりだった・・・

飛行機は無事定刻で成田へ飛んだが、成田から待ち合わせ場所の自由が丘まで約2時間20分もの時間が掛かった。結局着いたのは23:20頃。当初予定していた待ち合わせ時間より、1時間20分の大遅刻。

居酒屋に着くと・・・なんと!!当日まで知らなかったサプライズゲストのLiving Legendこと三宅先生がいた!が、すでに睡魔に襲われ眠そうだった!!(笑)

大遅刻した自分を三宅先生、リンさん、森先生は温かく迎えてくれた。
結局そこで話しをしたのは1時間程度だったが、三宅先生には「今の医学がメインの教育体制となったShermanへ留学する事に価値はあるのか?」「Upper Cervical Specificを実践していないD.C.達に何を学ぶと言うのか?」「7年間医療の勉強するなら、日本で医者になり、医者の権限を使いカイロプラクティックを実践した方が有益だ。」など"親身な"意見を頂いたが、どれも"カイロプラクティックを愛しているからこそ"のやるせない想いというのが伝わって来た。三宅先生は本当にカイロプラクティックを愛している。

明日もあるし~と解散となったが、終電にリンさん、森先生の3人で乗った時。リンさんが「HIROさん随分荷物少ないね。」と言う言葉で自分が居酒屋で預けたキャリーバッグを受けとり忘れた事に気が付いた。

乗れたはずの終電を見送り、キャリーバッグを回収しタクシーで宿泊先の森先生のオフィスへ。

その日は、完全にリンさんのお株を奪う"嵐を呼ぶ男"になってしまった1日だった。

三宅先生、リンさん、森先生。本当にお騒がせしました!


弐日目へつづく・・・



「ノーミスのままじゃノーポイント。」 By 松本人志

~ Sherman縁 ~

先日Shermanに留学を決めたと言う方から、Takaを通じて連絡を受けた。どうやら渡米手続きに関して不明点があったようだ。

その先生はPalmerに留学しようと準備を進めていたが何故か"シックリ"せず、Shermanに行こうと今年末の渡米予定直前になって決心したようだった。

渡米時期が時期なだけに、手続きの変更などで大忙しの様子。と言う訳でその手続きの件で、自分が知り得る範囲で協力をさせてもらった。

自分も進学するSherman College of Chiropractic。そこへ留学しようとしている人に協力出来るのは凄く嬉しいことだ。先生が無事Shermanに留学して、スパータンバーグの地で今度はゆっくり話しが出来ればと思う。と言うかひょっとしたら一緒に年越しも有り得るかもしれないな~(笑)

TOM先生!

手続き大変でしょうが頑張って下さい。

困ったらまたいつでも連絡ください。

微力ながら協力させて頂きます!


32271_445253833834_215600553834_5782398_1694890_n.jpg
                     Let's Go to Sherman!!






「人を相手とせず、天を相手とせよ。天を相手として己を尽くし、
 人をとがめず、わが誠の足らざるを尋ぬべし。」

 By 西郷隆盛(薩摩藩士、軍人、政治家)

~ 欲するままに ~

6月にTOEFLを突破してから、もう早5カ月が経とうとしている。

来年の春学期に向け、Pre-Chiropracticの必修科目の勉強などをしないといけないのかもしれないが、実際はそうじゃない。

TOEFLを突破するまでの約1年半、自分の勉強の中心はず~~~~~~~~~っと「TOEFL」だった。

じゃあTOEFL勉強の必要が無くなった今、何をもとに留学までの期間英語の勉強をするか?Pre-Chiropracticに備え、biologyやchemistryの勉強が妥当ではないか?

・・・否。

"ChiropracTIC"しかないじゃないか!!


と言う訳で、家でも、通勤中でも、外出先でも、カイロプラクティックを学べるツールを使い本来の学びたい事を心底楽しんでいる。

もう我慢する必要は無い。

やりたい事を思いっきりやって、成りたいように成る。

それが自分自身の、ストレスの無い、濁りの無い本来の自己表現に繋がる。

South Carolinaへ留学してから、その表現が一層光り輝くのは必須、というか必然だろう。

出国は12月27日、東京は成田空港から。

いよいよだ・・・ん~Great!!



862287i.jpg
                欲望のカリスマ、ジャイアン師匠



「欲しいものは手に入れるのが、俺のやり方さ。」

 By ジャイアン(本名:剛田 武)


プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR