TORONTOで働くには!?

現在CANADAでの生活費を稼ぐ為、アルバイトをしようと思っている。

その際注意しなければならない点が幾つかある。

1:SINナンバーの取得

 “SIN(Social Insurance Number)”。

  SINとは、雇用保険番号のことで、この番号がないと基本的に就労出来ない。

  申請は無料で、申請書と必要書類を持参の上、

  最寄りのHuman Resource Centre of Canadaにて手続き出来る。

  参考URL http://www.whic.jp/folder_canada/life_sin.htm

http://www.gabugabucanada.net/entry/sin.htm


2:Resume(レジュメ)の作成

  フランス語からの外来語で、もともとの意味は「要約」など、

  短くまとまっている「履歴書」のことを言う。

  このresume、特に決まりは無く(暗黙の了解はあるらしい)基本はパソコンで作成する。

  特に重要なのが「俺はスゲーぞ」という所をしっかりアピールしなければならない点(笑)

  日本人の美徳である「謙虚さ」等は一切見せてはならないらしく、

  ハッキリ簡潔に、「この仕事は俺にしか無理だろ」位書くのが普通だと言う。

  実際友人のを見せて貰うと、かなり色付けてあった(笑)

  参考URL   http://www.eastwestcanada.jp/canada/work.php

http://www.torontolife.net/toronto2/job/resume.html


3:仕事探し

  
  基本的には「NET検索」、「友人の紹介」、「押しかけ(笑)」がmainだろう。

  CANADAはNET普及率がかなり高いので、

  そういったcommunity siteから探すのが手っ取り早い。

  またCANADAでは人との繋がりを重要視する傾向が強いそうで、

  友人からの紹介も就職成功率が高いそうだ。

  そして俺も是非挑戦したいのが「押しかけ」だ!これは直接店に乗り込んで、

  作成したresumeを直接渡したり、募集して無いか尋ねるなど直接交渉に行く方法。

  何だかんだで、今までも色んな先生の所に「押しかけ」ていたので、

  慣れてるっちゃあ慣れてる(先生方ごめんなさい 笑)    

  参考URL    http://www.bitslounge.com/community/index.html

http://toronto.kijiji.ca/




これからCANADAで仕事を探そうとしている人達は、お互い頑張りましょう(笑)



私たちが直面する問題は、じつは姿を変えた贈り物なのだ。

 私たちが"問題"と呼んでいるものは、何かを教えてくれて、
 
 より高いレベルへと私たちを押し上げてくれる
。」  

 by ジム・ドノヴァン 出典『できる人の習慣』

ふっか~つ!!

え~・・・

この度はmixiにログイン出来ないと言う事態になり、

マイミクの皆さんには迷惑を掛けてしまいました。


しかし!

ついに今日の22時39分ログインに成功しました! やりました!(笑)

いや~良かった良かった


パスワード忘れないようにしないと・・・


とりあえずmixi、face book共に継続して行こうと思う。


face bookの方は使い方がまだ今一解ってないけど、

かなり個人情報表示されるのが気になる・・・

しっかり設定見直さないといらんとこまで情報が表示されてしまう。

気を付けよう


しかし海外の人ともface bookを通じて繋がれるのが魅力でもあるので、

この機会に使いこなせるようになって色んな人と交流出来たら、

それこそ素晴らしい事だ。



とりあえずmixi復活したよ!と言う報告でした。(笑)



予期せぬことにどれだけ出会えるかが一番おもしろいところ。」

by 羽生善治(将棋棋士)

外国語への取り組み方

今はバイトをまだしていないので時間はある。

語学留学して最初はどんな感じで勉強しているのか、参考になるかは解らないが書こうと思う。


学校での授業 4時間(会話、聴き取り、語彙、文法)

昼食後     2時間(学校で無料の映画鑑賞、無料の会話教室、友達とcafeで喋るなど)

帰宅後     2時間(宿題、PCでChiropracticについての英文の文献を読むなど)

夕食後     1時間(外人の友達と英語でmailやchatのやり取り、GREEN BOOKを読むなど)

就寝前     1時間(Blogの更新   ・・・これは関係ないか 笑)


とまぁこんな感じで1日平均8~9時間英語に触れている事になるが、

正直英語を上手く喋れる友人との会話やmailは、自分自身の英語力の低さを痛感するが、

どんどん英語を理解して、使いこなせるようになればめちゃくちゃ楽しいだろうなと感じる。

現に日を追う毎に授業の内容にある程度ついて行ける様になって来たし、

会話の流れも来た当初とは違いsmoothになって来たと思う。

確実に英語に慣れて来ているのを実感する。



特に日常では、頭で物事を考える時「英語で考える」という事を意識している。

どうしても日本語で考えてしまうので、なるべく意識して取り組んでいる。



そうして行くと日常会話の中でも「日本語で考える」→「英語に変換する」という過程が無くなり、

とてもsmartだと思う。これから長い海外生活を送る上で必須ではないだろうか。


段々と英語が理解出来てきてChiropracticについての文献も英文で読むようになった!!


正直これが1番嬉しく、至福の時間だったりする(笑)


CANADAでもStraight Chiropracticで検索すると結構Hitするので、

是非ともCANADAの地でPracticeしているDCと話しをしてみたい!!


結局英語を頑張れるのはChiropracticのおかげだな・・・

具体的な目標があるから日々の取り組みの推進力が増すんだろう。


さて・・・明日も頑張るぞ~

P1000160.jpg
JAPAN(左)CANADA(中央)FRANCE(右) 多国籍な友人達とJazz Live にて




とにかく具体的に動いてごらん、具体的に動けば具体的な答えが出るから。」   by 相田みつを

Toronto市内を GO! GO! GO! Part2

以前のblogで載せ切れなかったので・・・

今回はこちら

金のビル2
まずはダウンタウンにある金融街の象徴 Royal Bank Plaza(金が70㎏以上使われている!)

P1000108.jpg
続いて市民の台所 St.Lawrence Market (食材が豊富な上に比較的安い!!)


P1000119.jpg
           日本では見慣れない野菜も並ぶ

P1000125.jpg
      CANADAといえばこれでしょう!! Maple Syrup!

P1000143.jpg
              クッキーがメルヘ~ン

P1000129.jpg
    鼻水で鼻水を拭く感じか!?(笑)

P1000105.jpg
Sherman Pride !? It's so cool !!


色々行きたい所や観たい所もあるが、まずは生活の下地をしっかり作ってから行こうと思う。



色々載せれたので何かスッキリした(笑)




大胆さと緻密さの両方が必要。怖がっていては何も始まらない。」

 by 小出義雄(マラソン・中長距離選手の指導者)

英語の雨あられ!!

今日からいよいよ語学学校がStartした。

正直長時間英語でやり取りした事が殆ど無かったので、内心ワクワクしていた。

まずは簡単に挨拶を済ませ、早速Level checkへ・・・

一通り終わったと思ったら、すぐにclass分けされ授業Start!!

聴くのも英語、喋るのも英語、尋ねた単語の説明も英語、英語英語英語・・・英語 only

平日4時間の授業で半年間続くが、初日はやっぱり疲れた。

今まで使われていなかった脳がいきなり叩き起こされた感じだった(笑)

しかし学校で出逢ったclassmate達と、早く英語を上達して色々話しがしたい。

異文化communicationは、留学の醍醐味だろう。




国が違えば個性も違う、授業を受けていても積極的に参加(主張!?)する南米の人達や、

Coolな姿勢で淡々と意見を述べるEuropean、控えめなasianなど、

同じような傾向が観られた所は興味深い。

そう言った価値観や思考が全然違う人間と接する事は、

良い意味で自分を「再構築」するchanceかもしれない。


校内には同じく日本から来た人も居たが、校内の壁には「Speak English Only !!」の文字が・・・

日本人同士で会話するのに英語で話すのはやっぱり違和感感じるが、

すぐ慣れるだろう。まずは英語を積極的に話さないと・・・





また明日から英語の雨を受ける訳だが、望むところだ!!




PS:今日の朝、約1週間お世話になったホテルを出た。

  そこでの素敵な出逢いに感謝したい!!

P1000147.jpg
              ユースホステルにて



人間の幸福は、決して神や仏が握っているものではない。

 自分自身の中にそれを左右するカギがある
。」    by エマーソン

シェアハウス決定!!

2日前、ネットで調べたシェアハウスの物件を下見して来た。

そこはカナダ人の老夫婦の家で、2階建て(地階有り)の戸建て。

借りる部屋は2階の一室で、ネット環境が有り(無線)、光熱費、水道代込み。

尚且つ家具、家電付き、おまけに週1回部屋の掃除も付いて日本円で約4万!!

語学学校や最寄りの駅にも比較的近い為、珍しく即決してしまった(笑)


さらに、そこの老夫婦は映画にも出て来そうな温厚な人柄で、

話しているだけでも癒される。

そんなホームステイさながらの環境で過ごせるとは思っていなかった。

今回シェアハウスを検索するあたり、日本の検索サイトと、

ホテルで仲良くなったフランス人(アブドゥ 21歳/♂)から教えて貰ったサイト、

2つを主に調べていった。


シェアハウスなどの情報サイトを紹介するので、参考にしてほしい。


トロント情報多数!!(日本語)

http://www.bitslounge.com/community/index.html


アブドゥお勧めのトロント情報サイト!!(英語)

http://toronto.en.craigslist.ca/


相手が日本語OKなら別だが、英語でのメールや電話の問い合わせが基本だ。


拙い英語でメールや電話をするのは非常に良い勉強になった。

相手の顔が見えているのと見えていないのとでは、

コミュニケーションはまた違ったものになる。


相手の顔が見えている場合、

会話中の表情や身振りからある程度相手の心理を探る事が出来るが、

見えない場合は、相手の声質や文面からしか自分に入ってくる情報が無い為、

更にコミュニケーションを取るのが難しいと感じた。

なので、実際対面して話す時のような「表現の曖昧さ」が通用しない。

だからしっかり辞書で調べて、使える短文集を作ったりと下準備してからコンタクトした。

これから留学する人は、日常でよく使われるような短文集を持って行くと便利かもしれない。

そこから派生して会話が広がって行きやすいと思う。


現地の人達とコミュニケーションを取っていく中で、

「もっと自分の言いたい事が伝えられたらなぁ~」という思いを何度も味わっている。

その悔しさが英語上達への原動力にもなっている気がする。

明日からいよいよ語学学校がスタートするが、今から待ちきれない!!

頑張るぞ~


Ps:mixiが使えない状態になってしまった!(パスワードを忘れ、携帯も解約・・・)

  マイミクの人達ごめんな~、とりあえずfacebookに登録しました(笑)  



学んで思わざれば則ち罔く、思って学ばざれば則ち殆し。」

※意味:学ぶだけで考えなければ深い理解にはほど遠く、

 考えるだけで学ばなければ空想に過ぎず危うい。


 by  孔子(中国の思想家)『論語』

Toronto市内を GO ! GO ! GO !

トロントに到着して次の日、早速周辺を散策に出掛けた。

やはり建物のデザインが全然違う。見る物見る物全てが新鮮で、刺激的だった。

P1000074.jpg
               ホテルの近くの教会


P1000076.jpg
                市内の街並み

地下街 スーパー
           デパートの地下にあるスーパー

州議事堂
              オンタリオ州議事堂


色々歩き回り感じたのは、トロントは意外にコンパクトにまとまった街だという事だ。

さらに冬の寒さも厳しいので地下街が発達していて、

市内の主要な場所に凍える事無く行ける。

しかし地下街が複雑に入り組んでいる為、慣れていないと迷ってしまうだろう。


カフェに目を向けると・・・  「スタバがあり過ぎだ・・・(笑)」

スタバ:その他=6:4位の割合でスタバがその他をまとめても上回っているかもしれない。

そんなに支持されてる理由は何だろうか?

今度飲み比べてみよう。


日も暮れて来てそろそろ帰ろうかと思った頃、偶然通りですれ違ったおばちゃんに、

「家や通りの壁とかに落書きがある通りは、通ってはいけないよ。」と言われた。

後でホテルの受付に聴いてみると、そう言う通りは夜になるとゴロツキ共がうろつくんだそうだ。



おばちゃんサンクス!!


その日の散策は特にアクシデントも無く終わった。

まだまだ紹介したいが、それはいずれまた。

P1000090.jpg
                Royal Ontario 博物館



美はあらゆる所にある、我々の眼がそれを認め得ないだけだ。」

 by  ロダン(フランス彫刻家)

ついにTorontoに上陸!!

さて、トロントに時間通りに到着出来なかったので空港周辺の観光は無しになった(笑)

トロント市内への移動の為、バスのチケットを購入し早速乗り込む。


バスの路線図を確認してもどうにも理解出来なかったので、

同じく乗っていた日本人の人達が降りた所で下車(笑)

そのまま地下鉄を乗り継いで市内へ向かった。

トロント 空港
         トロントの空港内   やっと着いた・・・


トロントの交通機関は面白く、バス~地下鉄へ乗り継ぎや、

その路線でどこまで行こうが(戻るのはダメ)一律料金だった。


つまり、空港からトロント市内までタクシーで行った場合日本円で4~5000円掛かるが、

市営バス&地下鉄利用ではたったの300円で行けてしまうと言う事だ。

これには驚いたな~

速い! 安い! 利便が良い! とくれば利用しない手は無いだろう。


無事市内の駅で下車し、徒歩でホテルまで向かうが、

暗くなっている為どうにも方向が掴めない。

道行く人に教えて貰いながら、歩いてみてはまた道が合ってるのか怪しくなる・・・


完全アウェーで天気は雨、真冬のトロントは北海道より少し寒いぐらいだ。

そんな中、でかいキャリーバッグを引きながら街を彷徨うのはちと切なかった(笑)


ようやくホテルに着いたのは夜の21時過ぎ・・・

何とかチェックインして、その日は宿泊してる外人達に挨拶を済ませ、

安心したのか疲れが出たので、さっさと休む事にした。

公園の夜景
    ホテル近くの公園  ビル群が冷たくそびえ立つ(笑)



次の日は早速トロント市内を散策に出発!

色々と画像で紹介したいので、次回トロント散策について書こうと思う。



後ろ向きに考えればピンチとなる。問題が起きたことが問題ではなく、

 どう考えたかが本当の問題である
。」


 by 福島正伸(アントレプレナーセンター代表)

シカゴ~トロントへ・・・

成田を無事?出発したら、長時間の空の旅が始まった。

機内はエコノミークラスで行くだけあって非常に狭い!

長時間の移動になるので足の状態に気を配りつつ、

せっかくの国際線なので、隣に座ったタイ人と早速片言の英語を駆使し(笑)

コミュニケーションしてみた。


タイ人は気さくで、これからシカゴを観光した後に国に帰ると言っていた。

非常に片言の会話だったが、言葉が通じたと言うのは本当に嬉しかった。


機内で過ごした十数時間は洋画を字幕無しで観たり、英語の勉強をしたり、

タイ人と話したりと、とにかく英語漬けな時間を過ごした。


ようやくシカゴに到着したら、外は雪景色だ。

シカゴ到着
       空港の外には多くの国旗がはためいていた!


やはり国が違えば空港の様子も違い、通路にドでかい恐竜のモニュメントや、

ちょっとしたイルミネーションのような通路、

「ここがシカゴだ!」と主張しているかのようなゴミ箱に、

地元のヒーローたちのユニフォームレプリカなど等、観てるだけで面白い。

シカゴ 恐竜モニュ
             巨大な恐竜のモニュメント


シカゴ ゴミ箱
          シカゴのゴミ箱(デザインがカワイイ)


シカゴでトロントへの搭乗手続きを終えて、後は搭乗時刻を待つのみとなったが、

搭乗時間が1時間後に変更、更にもう2時間後に変更になり、

仕舞いには搭乗口まで変更になった(笑)   おいおい・・・


予定では昼頃にトロントに到着し、余裕を持ってホテルに向かう予定だったが・・・


トロントに着いた時、時刻はすでに18時。

土地勘も無く、雨が降り注ぐトロントの街・・・

無事にホテルまで行けるか!?


続きは次回で~


ふるさとは遠きになりて思ふもの。」    by 室生犀星(詩人・小説家)

日本を、いよいよ出発する時が来た!

18日の昼頃に成田空港を出発し、カナダへ飛んだ。

まず手荷物を預けチケットを受け取る為に受付に行ったら、

「アメリカに入国する為にはESTAかビザが必要なのですが・・・」と言われ、


・・・


!?


俺はトロントまで行くのにシカゴを経由するが、

経由は必要無いだろうと勝手に判断しESTAの申請をしていなかった!

急いでパソコンで申請し事無きを得たが、いきなり出鼻を挫かれた。

アメリカを経由するルートで海外に行く人はくれぐれも注意を・・・

ESTA(電子渡航認証システム)に一度申請すれば、パスポートの有効期限まで承認は有効だ。


その後は特に問題なく出国する事が出来たが、何とも後味の悪い出国となった。

これで益々準備の重要性を痛感出来ました・・・はぁ(笑)

そんな俺を心配した彼女が、昨日あるブログを紹介してくれた!

トロントへ留学する人の為に、心強い情報なのは間違いない!!

俺の二の舞にならない様に参考にして欲しい(笑)


「英語初心者が行く!カナダトロント留学」

 http://cheris.blog7.fc2.com/


乗り継ぎのシカゴ~トロント上陸までの旅の過程はまた次回に・・・



カナダへ出発
「行って来まーす!」と余裕の出発前、しかし後で何とも情けない事態に・・・(笑)


失敗はしたっていいんです。大事な事は、失敗した経験を消しゴムで消してしまわないこと。

ちゃんと反省して次に結びつけることです。つらさを何度もすうする。

そうすると、人間的にも、すごく成長できる
。」   by 倉田真由美(漫画家)

プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR