2010年もあと僅か・・・

今年もあと僅かとなったが、本当に色んな出逢いがあり、そして色んな決断をした1年だった。


その最たる事は、留学を決意し、

その為の情報収集や各種手続きを1年を通し行って来た事だろう。


カイロプラクティックを追究する同志との出逢い、

ストレートカイロプラクティックを実践し続けるS先生やT先生との出逢い・・・

そういった出逢いに留学先の決定や、

俺の目指すべきカイロプラクティックの方向性を決めるに当たり多大な影響を受けた。


「SHERMAN College of Chiropractic」・・・


この業界で唯一とも言われる正に、正真正銘の

「ストレートカイロプラクティック」を教えている学校だ。

この学校への入学を決めたのは本当に今年1番の最良の決断だったと思っている。

この場を借りて同志のY君と、留学先の相談に乗って頂いたS先生、T先生にお礼を言いたい。


「その節は本当にお世話になりました!ありがとうございました!!」


残念ながらシャーマン大学の最高の誇りであろう

「STRAIGHT(ストレート)」の文字は取ってしまったが、

教育内容には何ら影響は無いだろう。

カイロプラクティック愛に溢れた熱い講義を期待している!


あと3年後だけど・・・(笑)


その他にも印象に残っている事は多々あるが、

それについては自分の胸の内にそっと締まっておこう・・・


来年からは本格的に海外での生活がスタートする。



これから留学を考えている人や、

カイロプラクティックの大学(国内でも海外でも)に入学を考えている人は、

俺のブログを通して自分の有益になる情報をどんどん活用して欲しい。

そういった人達に、このブログが役に立つ事が出来たら本当に嬉しい。


来年も爆進して行くぞ!!

甘い物にも負けんぞ!(笑)



PS:「ブログを観てくれている方々へ、いつもありがとうございます。

   来年はもっと熱く、面白可笑しくブログを書いて行こうと思います。

   来年も皆さんのイネイトインテリジェンス(先天性知能)の表現が曇らない事を、

   心から願ってます・・・」  




生きるというのは、瞬間瞬間に情熱をほとばしらせて、現在に充実することだ。

 過去にこだわったり、未来で誤魔化すなんて根性では、現在を本当に生きることはできない
。」

 by 岡本太郎(芸術家) 出典『自分の中に毒を持て』

キッカケになれたら・・・

昨日の夜、「なんちゃってカイロプラクティック学校」の同期と食事をして来た。


皆それぞれの道で、悩み、自分自身で考えながら答えを探しているという印象を受けた。

その場ではやはり「カイロプラクティック」についての話しで盛り上がった。



それぞれが、「現実的に今出来る事は限られていて(主にカイロテクニック)、

出来る範囲で少しずつ目標に向かって進んで行きたい。」という話をしていたが、

俺の個人的な意見としては、やはりカイロプラクティックという自然療法を実践して行く上で、

カイロプラクティックテクニック云々でなく、

「アイデンティティーの根幹を成すカイロプラクティック哲学を何よりもまず理解すること。」

それこそが実践にあたっての大前提であり、最も重要な事だと考えている。



なのでカイロプラクティックの目的や西洋医学との違いなどを、

俺の後天的知能で得た僅かな知識と、S先生から聞いたイネイトの素晴らしい表現を交えながら、

皆に話しをさせてもらった。


哲学を理解した上で「イネイトインテリジェンスの表現」が、

最大限発揮出来るようにキッカケを与えられる手段を考え学んで行くこと。


それが結果的に「ブレない方向性」、「ブレないPractice(実践)」に繋がると思っている。



当然それぞれの価値観は違うので、「俺はカイロプラクターじゃなく治療家になるんだ!」

と言われれば反対する理由など無いし応援もするが、

その時はそこの治療院で「カイロプラクティック」に関する事柄は一切記載すべきで無いし、

「カイロプラクター」と名乗ったり、「カイロプラクティック」について語るべきでは無いだろう。

それがカイロプラクティックに対する最低限の誠意というものだ。




逆に「真のカイロプラクターになりたい!カイロプラクティックをもっと追究したい!」のであれば、

俺は最大限彼らに協力したいと思う。

昨日の再会が、彼らの今後の方向性にプラスに働くキッカケになれば嬉しい。


未来の事など誰にも解らないが、彼らが「真のカイロプラクター」になってくれる事を、

心から願っている。



PS:二次会のカラオケは久しぶりに歌ったが本当に楽しかった!

  S君、Hさんありがとう!お互い頑張ろう!



「あなたの夢は何か、あなたの目的とするものは何か、それさえしっかり持っているならば、

必ずや道は開かれるだろう。」   by ガンジー(インドの独立指導者)

グッバイ 関東!!

昨日の朝ついに関東を出発し、地元北海道に帰省した。

羽田空港では帰省ラッシュによる混雑が起きていた。

101229_0810~01
               羽田空港は結構混んでいた



色んな思いが過ぎり少し感傷に浸っていた(笑)


いつもそうだが、慣れ親しんだ環境から出るという事は、

精神的、肉体的にストレスを受けると思う。


環境に適応していた状態からまた別の環境に移り、

適応するという事は当然それなりに時間を必要とするし、

物質的な事を言えば引っ越しの為に要する費用や各種手続きなどの労力も大きい。

友人や家族、恋人など親しい人と離れなければならい精神的なストレスもある。


しかし、環境が変わる事は決してネガティブな事ばかりではない。


その土地での素晴らしい出逢いや、体験から生まれる感動、

今までの自分を客観的に見直す機会を得る事も出来るかもしれない。

さらには今まで気にも留めなかった、それが当たり前になっていた、

親しい人達が傍に居てくれてた「ありがたさ」に改めて気付く事もあるだろう。



そういった「気付き」が人間的に成長させる糧になると思う。

(親しい友へ別れを伝える事や、見送りに来てくれた彼女との別れは、

 実際かなり辛かったけどな・・・笑) 



何事もポジティブに考えて先に進んで行こうと思う。


北海道に無事到着したら外は銀世界だった。

101229_1134~01
                    新千歳空港にて


まずは慣れない環境で体調を崩さない様に、留学の準備を進めたい。

本当に今までありがとう関東!(笑)

9年後、開業する時またお世話になるかも・・・

その時はまたよろしくな!

101229_0846~01
                羽田空港にて別れの1枚(笑)


Ps:今日の夜、例のカイロ(?)学校の時の同期と食事をして来る。

  熱い対話になる事は必須だ!!(笑)  楽しみだ




真に望むゴールに向かって行動を起こしたときに、恐怖心は消え始める。」

 by ロバート・G・アレン

関東での生活が終わる・・・

本当にあっと言う間に関東での生活が終わりを迎える。

正直自分のスケジュール管理が未熟なせいで、直接逢って挨拶出来なかった人もいるが、

多くの友人達に送別会をしてもらえて本当に感無量だ。



関東には約6年間住んでいた。

自衛隊時代と整骨院で勤務してた時期合わせて約6年・・・


言うなれば「第2のホーム(故郷)」だ。


思い返せば、関東では本当に色んな出逢いがあった・・・

「自衛隊時代の素晴らしい同期」、「親身になって相談に乗ってくれた上官」、

「古武道を時に厳しく、時に優しく教えてくれた先生」、

「整骨院で出逢った個性的な(鍼灸、柔整、あんま、トレーナーなど)先生達」、

「整骨院で出逢った、本当に人間味溢れる温かな患者さん達」、

「カイロプラクティックとは? その探求の過程で知り合ったミキサーの先生方」、

「直向きに真のカイロプラクティックを実践し続けている尊敬する先輩方」、

「ストレートカイロプラクティックを追求して行く過程で知り合えた貴重な同志達」、



・・・


これらの出逢いがたった1つでも欠けていたら、

今の「俺」では無かったかもしれない。


本当にやりたい事に情熱を注げば、

おのずと進むべき道は「必然的な出逢い」や「必然的な出来事」によって、

開かれていくものなんだと、改めて実感している。




これから地元北海道にカナダへ出発する間半月ほど帰る訳だが、

そこでも大切な家族や友人達との再会がある。

家族には今まで出来なかった分とこれからの分しっかり親孝行したいと思うし、

友人達とは大いに語り合って、それぞれの明日への糧になるような時間を過ごしたいと思う。




多数に追随すれば必ず自分を見失う。孤独を恐れず、したいことを続けるしかない。」

 by 安藤忠雄(建築家)

仲間との再会!!

一昨日の夜、自衛隊時代の同期と本当に久しぶりに再会を果たした。


実に約4年ぶりの再会とあって、デキ婚して可愛い息子が出来てたやつ、

子供が欲しくて結婚したけれど中々出来ないやつ (・・・種無しか!? 笑)、

仕事に遊びに充実していて結婚はまだまだ先のやつなど、

それぞれの環境は変わっていたが、根っこの部分は皆相変わらずだった。



俺も含めた4人は本当に腐れ縁と言うか、ほとんど連絡を取っていない状況だったにも関わらず、

こうしてまた4人集まり飲む事が出来た。

自衛隊時代に同じ目標の為に苦楽を共にして来た仲間達は、

本当に「兄弟」と呼べる位、俺は信頼しているし、こいつらが大好きだ。


1件目の飲み屋で騒いだ後、間髪入れずにゲーセンでプリクラを撮る事に・・・(笑)

同期とのプリクラ
      ヒロと愉快な仲間たち


2件目の串焼き屋では当時の教官も駆けつけてくれたり、

その道端で自衛隊時代の先輩や同期と何人も次々にばったり逢えたり、

本当に出逢いの必然性を感じた・・・



もしその日、その時、その場所でなかったら、

二度と逢う事はなかったかもしれない。

そう考えると、この「必然性」に感謝したい。


3件目で皆大分酔っ払い終電も無くなったので、近くに住んでるやつの家に泊まらせて貰った。


家に着いてからも時間など関係なく語らいは続いた・・・


皆、俺の為に送別会をしてくれて本当にありがとう

出来ればまた4人で、今度はアメリカで暴れようぜ!!(笑)


また逢える日まで、お互い頑張ろう。



同期との写真
似てないのに俺たちに「あやや」と呼ばれ続けた店員が嫌々撮ってくれた写真(笑)




友情とは二つの肉体に宿れる一つの魂である。」

 by アリストテレス(哲学者)

熱いDC(ドクター オブ カイロプラクティック)との再会

昨日は昼頃に市川で開業しているストレートカイロプラクターのT先生と、

食事をしながら留学の話しやカイロプラクティックの話しをして来た。



T先生はDC(ドクターオブカイロプラクティック)で、

自分自身の留学経験を色々と話してくれた。

一緒の部屋のヤツがマフィアで両刀使い(笑)だったので色んな意味で「ヤラレ」そうになった事や、

カイロプラクティックとは何なのかを探る為に、

アメリカの様々な州に居るカイロプラクターと名乗る先生を訪ね歩いた事など、

本当に親身に色々話してくれた。


実際T先生はパーマー大学に留学していたのだが、

その当時から今も尚「黒に近いグレー」となってしまっていると聞くパーマー大学で、

更に言えば、パーマーで教えている事こそ「カイロプラクティックである!」

と言う認識が学生の「常識」となっている環境の中で、

パーマーのカイロプラクティック教育を受けて行く過程で疑問や矛盾を感じ、

本質を突き詰めようとする者など何人いるのか?

そう言った意味ではT先生の活動は本当に凄いと思う。

今のT先生が輝いているのは、当時自分で考え、信念を持って行動した結果だろう。



ここで改めて御礼を述べたい。

T先生忙しい中、自分のわがままに付き合って下さり本当にありがとうございました。

シャーマンを訪れる時は、是非連絡下さい。色々案内出来る様になってる予定ですので(笑)

またお逢い出来る日を楽しみにしています!



「私は決して障害に屈しはしない。いかなる障害も、私の中に強い決意を生み出すまでだ。」

by レオナルド・ダ・ヴィンチ

掃除屋のバイト終了!!

今日で掃除屋のバイトを終了した。


短期間ではあったけども、色んな人との出逢いや、掃除業務の経験によって得たものは大きい。

特に自分が嫌いだった「掃除」を仕事にしたのは、自分がMだから・・・ではなく(笑)

嫌なもの、避けたい事にこそ成長出来る要素が一杯詰まっていると感じたからだ。



正直なところ、毎日汚い風呂場や便所の掃除は当初は本当に嫌だった。

強烈な掃除用薬品にまみれながらの仕事は頭痛を誘発させるほどだった。



しかし、段々とその環境に慣れるにつれて掃除もさほど苦行ではなくなり、

薬剤独特の臭いで頭痛を起こす事も無くなった。



・・・


何が言いたいかというと、「イネイトインテリジェンスはやはり素晴らしい!」という事だ。


自分自身が環境に適応して行く過程を、実際に体感出来たのは大きな収穫だった。




今後もバイト生活が9年位続く(長いな・・・)と思うので、様々な仕事にチャレンジしたい。



掃除屋のバイト中、特に「コイツはヤバイな」と思ったのが「激落ちくんシリーズ」だ。

激落ちくん

好みのサイズに切り取って、「洗剤を使わず水だけで簡単に汚れを落とす」と言う優れ物だ。


こいつは様々な場所で、驚異的な威力を発揮して俺を助けてくれた(笑)


用途を誤らなければ大活躍間違い無しの1品だろう・・・



何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。」

byアインシュタイン(理論物理学者)

出逢いは、必然だと思う

昨日はS先生のオフィスに行って来た。


今年の3月6日(土)に友人の紹介でオフィスを訪ねてから、

早いもんで約9ヶ月半経つが、初めて出逢った日は今も鮮明に覚えている。

留学の相談や、カイロプラクティックについて約6~7時間近く話しをしてくれた。



「なぜこの人は、こんなにも初めて逢ったやつに親身になってくれるんだろう?」


正直驚いた・・・


しかし、この対話のお陰で留学先や目指すべき方向性がはっきり見えた感触があった。


当時の俺はそれこそ「パーマー大学こそカイロプラクティックの源泉であり頂点だ」と

何の疑いも無く、ろくに調べもせずに勝手に思い込んでいたので、

S先生との対話で理解した内容はそれこそ衝撃的であった。



その後も俺がスパインチェックに行く度に、

自分が経験して来た色々な体験を惜しみなく俺に話してくれた。


そんな先生の厚意に甘えてしまっていた感は否めないが、

この恩は必ず様々な形として、S先生のみならずこの業界にも恩返ししていきたいと思う。



その恩返しの一つが、俺の留学~卒業までの期間を書いていくブログの開設だ。

(その後もず~っと書いて行こうとは思ってるけど・・・  笑)


このブログを通じて少しでも多くの人が、

カイロプラクティックを本場アメリカで学んでみたいと思え、

現在では本場アメリカで唯一カイロプラクティックの本質を学べる大学であり、

S先生の母校でもあるシャーマン大学に留学したいと思ってもらえたとしたら、

本当に嬉しいし、それが恩返しになるだろうと思っている。


S先生との出逢いは、俺の人生のミッションを遂行する上で「必然」であったと思う。

この出逢いに感謝し、これからも一直線に突っ走って行こうと思う。


S先生これからもよろしくお願いします。

嶋田DCとおれ
                    S先生と俺

「人生において、万巻の書を読むより、

優れた人物に一人でも多く会うほうがどれだけ勉強になるか。」

by 小泉信三

熱い鍼灸師の紹介

今日の夜、久しぶりに会った友人と食事をして来た。


その友人とは・・・


以前にもブログで少し紹介した、「マッキー」こと「酒巻周史先生」だ。


彼は現在、茨城の方で往診と言う形で診療している。

まだ茨城で開業して1年も経っていないので、やはり色々と苦労がある様だった。


鍼灸治療は偏見や先入観等で受けたいと言う人がかなり少ないそうで、

例えば患者さんを紹介等してもらっても、

その家族に診療を断られるなどのちょっぴり哀しい目にも遭っていた(笑)


しかし、そんな逆境にも負けずチラシ配りやHP開設などを行い元気に頑張っている!!


マッキーチラシ
         マッキー先生お手製のチラシ


鍼灸師としての姿勢や、溢れんばかりの暑苦しい情熱にはいつも感心する。

彼と話していると良いエネルギーが身体に湧いてくる様だ。



是非関東、特に茨城の近くに住んでいて、

鍼灸治療は興味があるけど怖いと思ってる人や、

良い治療家に中々巡り逢えないなぁ~と思っている人は、

彼のHPやブログをチェックしてみてはどうだろうか?


マッキー先生がんばってね~


茨城県牛久市にある「さかまき鍼灸院」のホームページ


自分の存在をいちばん生かせる姿を思い描くこと、そして、辛抱していると意識しないことが大切。

自分が興味を持ったことにどれだけ気持ちを傾けられるかが重要なんです
。」 
by 藤村紫雲(人形師)

甘味について語ろう・・・

先週末にとある茶屋で、本当に久しぶりにパフェを食して来た。


以前は甘い物が比較的好きな方だったが、最近になってどうも変わって来た。


生クリームやカスタードクリーム、

ぎっしりあんこや果物等を潰してクリーム状にしたヤツ(名前がわからん 笑)など、

以前は普通に食べていた物が今は苦手になってしまった・・・



しかし!


今回行った茶屋はそこのパフェが絶品だと聞いていたので挑戦する事にした!!(笑)



俺が頼んだのは「玄米茶パフェ」だ。


パフェ
              甘さ控えめで中々美味



上に乗っかった抹茶クリームが激甘だろうと思ったが、予想外にさっぱりしていた。


玄米茶で作ったゼリーや白玉もさっぱりしていて美味かった。



全体的に甘さ控えめで食べやすいパフェだった。



(俺はもういいが 笑)甘いの苦手な男性が食べても、胃もたれや胸焼けは大丈夫だろう。



興味がある人は是非足を運んでみて欲しい、

本店は京都にあると言う本格的な茶屋だ。


茶寮都路里のHP (注意:「とろり」ではなく「つじり」と読む)

http://www.giontsujiri.co.jp/saryo/index.html




寒さにふるえた者ほど太陽の暖かさを感じる。人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。」

  by ホイットマン(アメリカの詩人)

プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR