己の人生を賭して・・・

何故
 
こんなにも一つのモノに情熱を注げるのか・・・
 
 
 
何故
 
 
 
自分の残りの人生を捧げても良いとさえ思ってしまうのか・・・
 
 
 
以前の俺にはとてもじゃないが、ありえない心境だ。
 
 
「カイロプラクティック」・・・
 
 
俺の人生でこんなにもがむしゃらに追求して行きたいと思えるモノは他にはない・・・
 
 
何故惹かれるんだろうか?
 
 
 
思うにそれは、カイロプラクティックが示す「独自性(カイロプラクティック哲学)」に心から感銘を受けたからだろう。
 
 
 
カイロプラクティックとは、背骨を有する動物にとってイネイトインテリジェンス(先天性知能)を身体全体に滞る事無く表現させる唯一の手段だろう・・・
 
また、外部環境からの影響、内在性の問題、外からの物理的刺激等で「イネイトが100%表現出来ていない状態」=「脊椎サブラクセーションが原因となって起こる身体機能の低下、外部環境へ適応する力(ホメオスタシス)の低下などに見られる不自然な状態」を、
 
 
 「脊柱へのアジャストメント」と言うカイロプラクティック独自のアプローチ方法で、今一度身体が本来あるべき自然な状態(イネイトが全身に滞ることなく表現出来る環境)に戻るきっかけを与える唯一の手段であるとも言えるのではないか。
 
 
外部から健康はもたらされると教育を受けてきた自分にとってこのような概念は衝撃的であると同時に、改めて人間としてだけでなく、地球に存在する生物としての「自然」な状態とはなんだ?と考えさせられる。
 
 
 
人智を遥かに超えた「自然」と言うモノに委ねる・・・
 
と言うことは「自然(それについてありのままの状態とは何か)」について日々考察をしていく事が大切な事ではないかと思う。
 
 
カイロプラクターはその身体が表現している症状を追うのではなく、イネイトの働きを妨害している「サブラクセーション」を検出する事に全力を注ぐべきだ。
 
その姿勢が必ず自らの「アジャストメント」に反映され、カイロプラクターとして唯一無二のアイデンティティーを示すことにもなり、結果としてカイロプラクティックの独自性をシンプルで力強いカタチで社会に発信し、真のカイロプラクティックを普及させる事に繋がるのではないか。
 
 
 
 
・・・    
 
物凄く深いが、生涯を通してこの「自然療法」を追求していきたい。
 
 
 
時間は有限である
 
限りある人生だからこそ、自分が見つけた本当にやりたい事を中途半端に終わらせる訳にはいかない。
 
 真のカイロプラクティック教育を行っている「シャーマン大学」で、思う存分カイロプラクティックを勉強したい!!!
 
 
ウズウズしてきたので
 
 
 
「グリーンブック」でも読もう・・・(笑)
 
 
 
 
 唯一のストレートカイロプラクティック大学、「シャーマンカレッジ」のHPを載せておく
 
 http://www.sherman.edu/edu/default.asp
 
 カイロプラクティックを本場アメリカで学ぼうと考えている人は絶対にこの学校はチェックして欲しい!

ぬるい自分に・・・

最近色んな事にガチで取り組めていないと感じる・・・
 
 
仕事も、勉強も、遊びも・・・本気で取り組んでこそ面白いし、得るものが沢山あるだろう。
 
 
もっと頭をシンプルに、暑苦しいくらいの情熱を持って事に当たりたい。
 
 
その為には・・・
 
 
 
 
自分の中に存在する弱い自分に常に向き合い、勝ち続ける必要があるだろう。
 
 
今一度自分を見つめ直し、心身共に厳しく鍛えなければ!
 
 
時間は有限である、同じように時間が過ぎて行くのなら・・・
 
 
「ガンガンアグレッシブに攻める生き方をしたい!」
 
「いつ死んでも後悔しないように生きたい!」
 
・・・
 
 
俺の安全装置・・・解除!!(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 

来年はどう攻めるか・・・

現在は整骨院で勤務しているが、10月いっぱいで退職することにした。
 
 
何も出来なかった自分を育ててくれて、本当に感謝している。
 
ここでの約1年半は自分の理想と、不甲斐ない現実との葛藤の日々だった・・・
 
 
本物のカイロプラクティックを知って以降、どんどん今の自分のしている事が許せなくなっていった・・・
 
「なんで俺こんな事やってんだ??」
 
色んな言い訳が頭の中で浮かんでは消えた・・・
 
 
やりたい事がはっきり見えた今、もはやぶれる訳にはいかない。
 
 
今の自分の心境で患者さんに施術するのは、はっきり言っていい迷惑だろう。
 
 
一つの区切りをつけるにあたり、決断しなければならない。
 
 
来年の9月にアメリカの一般大学に入学予定だが、それまでの期間をどう過ごすか・・・
 
 
 
留学手続きを代行してくれる会社によれば、
 
日本でアメリカの大学に入学する際必要なTOEFLのスコアをクリアする方法があれば、語学留学をするより安上がりだそうだ。(現にそう言ったプログラムを提供している会社もある)
 
 
しかしながら、語学留学にも非常にメリットがある。
 
学費と生活費の合計では日本に居ながらTOEFLのスコアを取得した方が断然安いが、海外生活ならではの異文化交流が出来る。完全アウェーの中で人間的にも大きくなれる!
 
 
しかも現地でのアルバイトで、生活費は大抵賄えるそうだ。
 
 
う~む・・・
 
 
 
 
 
悩んだ時は厳しいと思った方に決めた方が、自分の人生においても後々必ずプラスになるな・・・
 
 
俺の人生は「攻めて」なんぼだと思うし(笑)
 
 
しかしながら、色々な人の意見を聞くのは今までの自分にとって欠けていた部分でもあるので、
 
広い視野で、頑なにならず耳を傾け、いい選択をしたいと思っている・・・
 
 
 
 
 
今回俺が調べて参考にしたのは、留学前語学研修プログラムを行っている「米国スカラーシップ協会」である。
 
興味のある人は是非観て欲しい。
 
「米国大学スカラーシップ協会」
 
URL :  http://www.scholarship.jp/
 
 
 
携帯URL:http://www.scholarship.jp/mb/

日本語訳のカイロプラクティック哲学書を読んでいて・・・  ~2~

やはり原文を訳す側のバックグラウンドや価値観などがミックスされる可能性がある為、原文を自分で読んでいく事がカイロプラクティックの真の理解に繋がると思う。
 
 
俺の同志であるY君からカイロプラクティックを追求する者なら必読とも言える「グリーンブック」が収められているディスクがあると言うので、早速手に入れた!
 
 
当然全て英語で書かれているが、自分にとっては留学に必要な英語力の勉強にもなるので一石二鳥だと思う!
 (なにより読み進めるのがワクワクする!!)
 
この「グリーンブック」を読み終えた時、自分自身のカイロプラクティックに対する思いはより強く、より深くなると確信している。
 
 
このような「宝物」を残してくれたD.D.パーマー、B.J.パーマーに心から感謝したい・・・
 
 
また、俺に貴重な宝を分けてくれたY君にも本当に感謝している。「ありがとう」
 
 
 
共にぶれず、ガンガン成長していこう!!!!!

書いてみ!貼ってみ!見てみ!

以前読んだ自己啓発書に・・・
 
「まず、やりたくない事を紙に幾らでも書き出す!
次にやりたい事(目標)をいくらでも良いので紙に書き、毎朝、毎晩ボーっとやりたい事を書いた紙を眺めているだけでそれが叶ってしまう!」と言う事が書かれていた・・・(この方法はかなり昔から用いられているそうだ)
 
 
ふーん・・・
 
で終わるか、リスクも無いのでとりあえず実行してみるか・・・
 
俺は実行している。
 
これなら書いて毎日チラッと見るだけで、脳の深層意識にその目標を「刷り込む」事が可能だと思うから。
 
そうする事で、脳に目的意識を持った質問が可能になる!!
 
そうすると・・・脳の素晴らしい処理能力で答え(明確な道筋)が見えるかもしれない!
 
(ちなみに脳の処理能力は物凄いらしい!必要な時には1000万ビット以上の情報を処理できるそうだ!!)
 
 
 
まぁ実際コストも時間もかかんないのでやってみる価値はあると思う、毎日目標を目にする事で「ぶれる」事が無くなるだろう・・・
 
 
と俺は考えている。
 
 
ちなみに・・・
 
もっとこの内容を知りたい人は 神田昌典 著 「非常識な成功法則」を読んでみて欲しい。
 
 
 
 
 

日本語訳のカイロプラクティック哲学書を読んでいて・・・  ~1~

違和感を感じる・・・

カイロプラクターは治療家ではない。

カイロプラクターは「脊椎における神経伝達経路への障害(サブラクセーション)を、

手によって取り除き、生物が生まれながらに持つイネイトインテリジェンス(先天性知能)の働きを、

最大限に表現させる手助けを行う者である。」

つまり、「治療」してくれるのはあくまで自分自身の持つイネイトインテリジェンスの働きの一つであり、

「自然治癒力」によるものである。カイロプラクターが治すわけではない。

しかし和訳された”カイロプラクティック”の哲学書を読んでいくと、

「カイロプラクティックの治療で・・・」とか「カイロプラクティックの治療院では・・・」

等の言葉が書かれている・・・


このような本が日本で有名なカイロプラクターから出版されると、

これからカイロプラクティックを学ぼうとしている人達が受ける影響は計り知れないだろう。


S先生が言っていた言葉を思い出した・・・

「カイロプラクター(特にDC)は自分の言動に特に気をつけるべきだね」

まさにその通りだと思った!


2に続く・・・

心に降る雨・・・

今日の午後、お年寄りの患者さんが先日亡くなったと先輩から聞いた・・・
 
 
俺は耳を疑った
 
 
 
 
信じられなかった
 
 
 
 
 
その方は毎日のように来院していて、ある意味朝の名物おばあちゃんだった。
 
いつものんびりしていて、俺達スタッフに美味しい飴は置いて無いのかと少しふくれて聞いてきたり、朝の準備で一緒にタオルをたたんだりした。
 
毎回のやり取りの中、いつも心が和んだ。
 
 
 
こんな形で別れるのは辛い・・・
 
患者さんと共有出来る時間は限られている、今を大切に、誠心誠意接すると改めて決心した。
 
この出会いに心から感謝したい・・・
 
本当にありがとう・・・
 
 
 
心よりご冥福をお祈りします
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR