〜 アニマルカイロプラクティック実習 in テキサス 〜

先週末はアニマルカイロプラクティック実習の為テキサス州ダラスへ飛んだ。


自分が受講しているプログラムは


Animal Chiropractic Education Source、通称 A.C.E.Sだ。


オンライン講習で座学を一通りやって、合間合間にテキサス州で実践訓練に入る。


テキサスで受けるラボ(実習)は計3回ある。

















20190512023135efd.jpeg















恒例(?)の旅トラブルで当日空港でレンタカーを借りれず、人生初ウーバーを手配。


見ず知らずのオッサンと二時間弱のドライブだったが、


料金を知りビックリした!安い!!


これは流行る訳だ。
















201905120231338d5.jpeg
ダラス空港周辺



















20190512023128951.jpeg
アニマルカイロプラクティック実習場所。まるで丘に立つ城のようだ。


























20190512023129805.jpeg
部屋から観える景色は絶景だ。こういう家を将来建てるのも面白いかも




















2019051202314033a.jpeg
家から観える景色は一々絵になる。














実習は主に脊柱の解剖学や発生学、生物力学、そしてなんとカイロプラクティック哲学!!!


このACES、カイロプラクティック哲学を教える事で有名で


サブラクセーションを見つけ、アジャストし、後はイネイトに委ねる。


というアニマルカイロプラクターの在り方を強く獣医師達に語っていたのは印象的だった。





犬と馬へのパルペーションとアジャストメントの実践もあり、


1日があっという間に過ぎて行く。





もう一つのACESの特徴は何と言っても実践量の多さ。


一人当たりのプラクティスは


犬が約10頭、馬も約10頭


想像以上に多くの動物達と交流する機会が在った。
















20190512023137321.jpeg
色んな理由で捨てられた犬達が40頭以上もいるシェルターへ。本当に優しい目をした子達が多い。

















20190512023139b1e.jpeg
馬達は大人しく身体を預けてくれる。













人間だけでなく、動物達も色んなストレスに晒されている。



競走馬やショー用の犬など、特に特殊な訓練を受けている動物達は


身体やメンタルに掛かるストレスが大きい。



カイロプラクティックケアは背骨を持つ動物達の強いサポートに成るだろう。



カイロプラクティックケアを受けた後の動物達の反応は本当に素直でエネルギッシュ。


あくびをしてのんびりする子、身体を振るってリラックスする子、走り回る子など


観ていて美しいなと想う。



彼らにはプラシーボなんて概念が無いし、後天的な知能も人間と比べて非常に低い。


だから身体 (イネイト) の反応も早く、そして素直だ。


実際に自分達のプラクティスの為に、三時間掛けて犬達を連れて来てくれたオーナーが言った言葉が印象的だった。


「私達オーナーは、もっとアニマルカイロプラクターの活躍を期待しています。貴方達は希望を失い、命を奪われかけた動物達の希望になれる。頑張ってください。」


嬉しいし、熱くなるよな。








アニマルカイロプラクティックは背骨を持つ動物達が生を全う出来る様にサポートする。


背骨に発生する神経干渉を分析して取り除く事で


彼らの身体機能は回復し、命は更に輝く。




ここには書ききれない多くの事を、今回動物達は教えてくれた。


またテキサスに来るのが愉しみだ。



アニマルカイロプラクティック


最高に面白い!!!
















20190512023126d57.jpeg
Dr. OとAmy, そして同期達と











オマケ


シャーマンのライシアム期間中、島崎先生がスパータンバーグを訪れた


スパータンバーグとは思えない(笑)オシャレなレストランで肉を堪能し、地酒が飲めるバーに立ち寄るなど


スパータンバーグの街を満喫した。














201905120231413b6.jpeg














20190512023143d5a.jpeg


















20190512023144991.jpeg
島崎先生、有難うございました!また遊びに来て下さい〜





















「サブラクセーションを見つけ、アジャストし、後はイネイトの働きに委ねる。これがアニマルカイロプラクターの仕事です。」

Dr. Bill Ormston (アニマルカイロプラクター、獣医師)

















~ アニマルカイロプラクターへの道 ~

アニマルカイロプラクティック。


脊椎サブラクセーションケアを脊椎動物に提供するカイロプラクティック。


動物たちもサブラクセーション状態(背骨上に起こる神経伝達干渉)に成り得る


脊椎サブラクセーションフリーで生命力を遺憾なく発揮し、益々快適に生きた方が彼らも愉しいだろう


そんなライフをカイロプラクターとして動物たちへ提案出来たら絶対面白いだろうと想っていた。





近年、動物たちにもカイロプラクティックケアは有益だという声がソーシャルメディアなどを通じて上がりはじめている。


更に2015年にはアニマルカイロプラクターにスポットを当てたドキュメンタリー映画「Life, Adjusted」も上映された。


アニマルカイロプラクターに成る為だけにシャーマンカレッジに来たという学生も何人かいる。


そして今月二十日には、シャーマンカレッジがホストとなり「人と動物の繋がり」を題材にDr. Amy Hayek, Dr. Jay Komarek, Dr. Bill Ormstonを招いてシンポジウムが開かれる。



そう、今アニマルカイロプラクティックが熱い!!!


氣がする




今日からA.C.E.S.(Animal Chiropractic Education Source)というアニマルカイロプラクティックを学ぶプログラムを開始。


このコースは240時間のオンライン座学と実習ラボで構成され


テキサス州の空港から数時間ほど離れた牧場(?)に行って、計3回の解剖実習+動物たちへのサブラクセーションチェックとアジャストメント実技などを行う。



早速オンライン講義を受けてみる。


動物たちそれぞれの背骨の数や、非言語コミュニケーションの種類を学んでいく。



多い・・・


めちゃめちゃ非言語コミュニケーションが多い。




目、耳、口、手、足、尻尾、姿勢、鳴き声のトーンや質などなど



動物たちの繊細なコミュニケーション能力に感心。




背骨の数も、大体の哺乳類(人間、ねこ、犬、馬、ヒツジ、キリン、ラマ、象など)は首の骨が7つ。


鶏は密かに14つも首の骨を持っていたりする。





動物を相手にするカイロプラクティック


どうコミュニケーションを取っていくか


どうサブラクセーションパターンを取っていくか


どうアジャストメントするか




未知の領域にて、興味は尽きない。















41310696_2140597552681459_3710580684062982144_n.jpg
A.C.E.Sプログラム
















41252311_2140597579348123_7595361161432793088_n.jpg
家のねこ















「いつも平静でいることの大切さはある意味、動物たちに教わったとも言えます。
生き物と接していると、ゾウに振り回されて骨にひびが入ったり、ライオンに咬まれたり、いろいろあるわけです。
でも、そんなときほど平気な顔をして、「おお、咬んだか。よしよし」と頭をなでる。
弱みを見せれば、その瞬間に攻撃してくるからです。」

 畑正憲(ムツゴロウさん)














~ アニマルカイロプラクティック!!! ~

昨日はシャーマンカレッジのアニマルカイロクラブのメンバーと共に、馬のパルぺーションセミナーに行って来た。


今回パルぺーションの講義をしてくださったのはDr.ナターシャ


彼女はシャーマン卒業後しばらくして、動物専門のカイロプラクターと成り


それからは毎日忙しく飛び回っている。




将来はアニマル専門でカイロプラクティックをやりたいという学生達も参加して、


とても熱い講義と成った。













IMG_8336.jpg
一頭目はディクシー♀
仙骨、腸骨、腰椎、胸椎をパルぺーションさせてもらった。凄くおとなしくて良い子だった!















IMG_8353.jpg
二頭目は、コーディ♂でDr. ナターシャは向かって右側。頸椎のパルぺーションをさせてもらった。












IMG_8368.jpg
馬のアトラス、アキシャスはデカいね!!












事前講習で馬の解剖を学んだものの、解剖の絵と実際にパルぺーションするのとでは大違いだ。



馬は人間の背中と違い、背骨を分厚い筋肉で覆われている。


だから触診の感覚が全然違う。


脊柱カーブや各脊椎の形も異なるので、本当に多くの事を馬達から学ばせてもらった。



一番の学びは、動物達へのリスペクト。


最初に名前を呼んで、触っても良いかい?みたいにコミュニケーションを取ったが、


これで馬達との距離が縮まったし、快く身体を触らせてもらえた。


人間誰だって物みたいに扱われたくはないのと一緒で


動物達もきっと、人間からの敬意を感じ取ると思う。











91O545830UL.jpg
骨の図














57294a4d8144f0b01eab393e85470392.jpg
筋肉の図













クラブではシャーマンカレッジでアニマルカイロの資格を取れるプログラム導入に向けて動き出している。



これが実現すれば、東海岸のカイロ大学では初のアニマルカイロプログラム導入校と成り、沢山のカイロ学生達にアニマルカイロの存在を知ってもらえるだろう。



更にはカイロプラクティックの目的を遂行出来るアニマルカイロプラクターの育成と普及にも繋がって行くし


カイロプラクティックのアイデアが活かせる場が大きく広がると思うので


これからが大~いに愉しみだ!!!












IMG_8363.jpg
Dr.ナターシャ、ありがとうございました♬

















「動物達のオーナさんには、私はアニマルカイロプラクターとして、病気の診断や治療はしませんと必ず伝えるの。私たちの仕事はあくまでもサブラクセーションを取り除く事だけだから。」

 By Natasha Jaskiewicz, BS, DC, CAC















プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR