~ 御報告 ~

いきなりですが・・・




先日、婚約しました!!!






これからは


「自分の」


ではなく


「二人の」人生として


最高の未来を一緒に創っていきたいと想います。





二人ともストレートカイロプラクターなので



どれだけカイロプラクティックの独自性を護り、その発展に貢献出来るか



どれだけ多くの人々・動物たちにサブラクセーションケアを提供出来るか



共に歩むTIC道に、今からとてもワクワクしています。
















「結婚する上で大切なのは、笑いの在る家庭を一緒に築くこと。」

 Betty Gelardi D.C.(シャーマンカレッジ創設者の奥方、シャーマンカレッジ初代ファーストレディ、ストレートカイロプラクター)

















~ 馬萌え ~

昨日は乗馬を愉しんで来た。


サウスカロライナ州は広大に広がる山々や森が魅力の一つで、その広い土地を利用して牧場を営んでいる人たちも居る。


今回利用した牧場、Sprit Run Horse Farmはスパータンバーグから車で40分程のところに在る。



馬に乗るのは大好きで、今回の久しぶりの乗馬を本当に愉しみにしていた。


パートナーはロッキーという9歳の牡馬。




彼は走るのが好きで食いしん坊という感じだった。


乗馬中は好みの草を見つけてはむしゃむしゃと食べていた。


”道草”とは正にこのことを言うんだな(笑)
















IMG_2452.jpg
獣道を行く













IMG_2443.jpg
結構急な坂道もガンガン進む















IMG_2450.jpg
とりわけロッキーと川を渡った時は本当にエキサイティングした!














IMG_2444.jpg















IMG_2445.jpg
















IMG_2436.jpg
彼のもっとスピードを上げたい欲求を感じながらも、川をゆったり歩いてくれたり、木々から垂れ下がる枝や凸凹道を避けながら歩いてくれるロッキーの優しさは心に来るものが在った。















IMG_2412.jpg
帰りを出迎えてくれた馬たち















IMG_2419.jpg
愛馬ロッキーと




















IMG_2432.jpg








アニマルカイロにも活かせる多くの体験が出来て、乗馬を大いに堪能した。



馬と一体感を感じた時の嬉しさや落馬の怖さ、大自然との交流・・・やっぱり馬は良い!!!


また此処に来よう♬

















"To ride a horse is to ride the sky"

「馬に乗るとは、空を駆けることである。」

 作者不詳
















~ 休暇はバージニア州で ~

無事夏学期を終え、一週間ほどの休暇。


今はバージニア州のノーフォーク(Norfolk)という街に遊びに来ている。


昔から旅が好きで、車や汽車、飛行機に乗る時なんかは特にワクワクする。



今回は飛行機で行ったが、空港は個性が在って面白い。


というか、ようやく空港の面白さに氣付いてきた訳だ。


日本の空港、ギリシャのアテネ国際空港、カナダのトロント・ピアソン国際空港、ワシントンのドゥールス国際空港、シカゴのオヘア国際空港、ニューヨークのJ・F・ケネディ国際空港、グリーンビル国際空港、シャーロット国際空港、ノーフォーク国際空港などなど・・・思えば色んな空港に行った。



空港には色んな人が居る。


嬉しそうな顔で飛行機を待っている人、憂鬱そうな顔の人、ビジネス目的で空港に来ている人、ホントに色々な想いを持って空港を訪れる。


人それぞれの抱えているストーリーというか、そんなものが垣間見える、交差する、凝縮されている特別な場所が空港だ。


将来は色んな国の空港のラウンジで、沢山の人、沢山のストーリーに出逢いたいなんて感じるから不思議だ。




空港のデザインもそれぞれ特色が在り面白い。


先日帰国した際に、成田空港に降り立った。到着ゲートに向かうまでの通路には、日本を感じさせる竹林のような壁に活け花が飾られていて本当に美しかった。
















IMG_2097.jpg
飛行機から眺める日の出は特別綺麗だ














IMG_2110.jpg















IMG_2120.jpg
ノーフォークに到着














IMG_2117.jpg
空港の広場は清潔感と自然を感じさせる雰囲気














IMG_2116.jpg















IMG_2121.jpg
"Virginia is for Lovers"がこの州のスローガン。恋人たちだけでなく、ビーチを愛する人や歴史を愛する人たちが訪れる。













IMG_2127.jpg
街のスーパーで1分で鍵を創るマシーンを見つけた。今の時代は鍵職人さんに頼まないのか・・・なんか寂しい


















カイロ学生をやってると、勉強だけで日々がどんどん過ぎていく。


そのスピードはホントに凄まじく、一年経つのなんてあっという間だ。



身体がそんな生活に適応し過ぎて、効率性や生産性を求める意識が強い。


だから休暇中も何かしていないと落ち着かない感じになる自分が居る。




でもそういったストイックな要素とは逆の要素も自分としては同じように大切な訳で、




普段の何氣無い物事を味わう


何もしない時間を創る


緊張しっぱなしの心と身体をダルンダルンに緩める


効率性や生産性を求めず、心が喜ぶ遊びをする





そんな事を意識しながら、バージニア州でのバカンスを満喫中だ♬















「今今と今という間に今ぞ無く 今という間に今ぞ過ぎゆく。」

 道歌













~ 米国で盆踊りフェスティバル ~

昨日はサウスカロライナ日米協会主催の盆踊りフェスティバルに参加して来た。



着物を羽織って行こうと思い、ユーチューブで着付け方を学ぶ。


何とか様に成った頃には出発時間をとっくに超えていた(笑)



しかし着物は本当に粋だ。



着ていると氣が引き締まるし、何より日本人としての自覚と誇りを感じられるのが嬉しい。




個人的には、


学校の授業でも着付けの時間を設けて


子供たち皆が当たり前のように自分で着物や浴衣、袴なんかを着られるようになれば素敵だなと想う。



日本に帰國して感じたのは、奇妙な違和感だった。



TVでは洋服のコマーシャルがごまんとあるのに、和服のコマーシャルはほぼ無い。



街を歩いていても和服を取り扱う店が少な過ぎるし、Made in China製品の多さが目に留まる。




もっと身近に、日常の中に、自分たちの國の伝統衣装があって良いはずだ。




自分たち日本人が和服を日常に取り入れるだけで、どれだけ和服の歴史や伝統技術を守れるだろうか・・・





さて、盆フェスティバルに着くと多くの人たちで賑わっていた。
















20881995_10155106808858757_2806781003041097152_n.jpg
フロリダから来たという太鼓グループ「Ronin Taiko」の演奏は圧巻で、太鼓の音が身体の芯まで響く。














20882105_10155106808993757_5476890990327117103_n.jpg
剣道や合気道、弓道の演武は、小さい子供達も参加していてとてもフレッシュだ。













他にも茶道や折り紙を体験出来るブースなどもあって、アメリカ人たちもきっと大いに愉しんだことだろう。




アメリカに居ながら、お盆を感じられたのは嬉しい。




御先祖様や日本へ想いを馳せることが出来たし、行って来て本当に良かった。















20882280_10155106808803757_5317386194869092003_n.jpg


















「日本は米国の影響を受けすぎたというより、日本の古いものを大切にしなくなった風潮に問題があるのではないでしょうか。伝統を軽視すれば自分たちの本質が見えなくなります。私は経済的なことはほとんどわかりませんが、いまの日本が抱える問題の根は、多くがここにあると思います。」

 矢萩春恵(書道家)













~ また米国へ ~

日本滞在を終えて米国へ戻って来た、来週からまた新学期が始まる。


今回の帰国では、幸運にも家族と過ごせた時間が多かったように想う。


そして、


家族がどれだけ自分の人生にとって大切な存在かを実感出来た時間でもあった。



姉夫妻の家に滞在させてもらった時、


甥っ子と姪っ子の通う小学校を訪問する機会があり


子供達が魅せてくれた授業への取り組みにえらく感動した。


自分たちで行う給食の配膳や後かたずけ、校内掃除などは海外の小学校ではほぼ見られない光景らしく


与えられた役割に対する責任感や物を大切にする心を育む素晴らしい日本文化だと想う。





例えばアメリカの小学校では、子供たちが掃除や給食の配膳を行うことは全くないそうで


日本の小学生の学校生活は正に衝撃的だそうだ。



日本には日本の良さが数え切れない程沢山在る。



それは海外に実際に住んでいる日本人が一番痛感する事だと想う。



世界がずっと身近に成った今日


だからこそ今一度、目の前に在る日本の素晴らしい”あたりまえ”な文化を


大切に繋いでいって欲しいと想った。




地元札幌に帰ってからは、


家族で酒を飲んだり、北海道の寿司を堪能したり、小樽観光に行ったりと兎に角家族と過ごす時間を堪能した。















19553962_10154955433443757_3973078140450545999_n.jpg
知らぬ間に寿司を食い過ぎて、トランプタワーならぬHiroタワーが出来ていた(笑)


















祖父の墓参りも出来たし、これでまた心置きなく米国で頑張れる。















19894616_1535444773196743_4124444799196386525_n.jpg
See ya again Nippon


















19731836_1535444616530092_4798675005581447412_n.jpg
行って来ます!!!














「われわれは知性に生きるのではなく、意志に生きるのだ。」

 鈴木大拙













プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR