~ プレカイロ課程修了!!! ~

今日でプレカイロ課程を受講していた大学での期末試験を終えた。


成績的には問題なくシャーマンカレッジへ進学出来るが、入学手続きの進行次第で一月入学になるか、四月入学になるのかが決まる。



この二年間、本当に色んな事が在った。


二年前にサウスカロライナに来て、南部訛りや黒人の多さには驚いたし、アメリカでの授業は付いて行けるか正直不安だった。


アドバイザーの英語が分からなかった為に、苦手な経済のクラスを取って初めての学期で苦戦したのは、今だから笑える話しだ。



シャーマンカレッジを目の前にして、これから三年間もカイロプラクティックに関係無い授業を取るのかと思うととても歯痒くて、聴講生で行けるならそれでも良いんじゃないか?と苦しさから逃げようとした時期もあった。



そんな自分の意識を変えたのは、やっぱりカイロプラクティックだった。



シャーマンカレッジに行くと、当たり前のようにカイロプラクティックが在る


講師に逢えば、自分をオープンに受け入れてくれて、カイロプラクティックを共有してくれる。


そして人生の師とするThom Gelardi D.C.との交流は、カイロプラクティックそのものに触れている様な大きな感動が在る。





英語の語学力検定試験トフルに落ちること何と十回。(ギネス記録に迫るんじゃないだろうか・・・笑)


しかし、三年掛かる予定でいたプレカイロ課程は一年の短縮を果たしたという事実。



プレカイロの二年間で自分を変えたのは、間違いなく自分の中で覚悟を決めたからだ。



素晴らしい人たちとの出逢い、恵まれた環境、心の葛藤や感動を全部、


カイロプラクティックを通じて体験して来た。



その経験の積み重ねが、自分の人生にとってのカイロプラクティックの価値をブレないほどに高めた。





トフルもプレカイロももう受けるのはごめんだが(笑)、そういう過程を経て来たからこそ今の意識が生まれたのも事実。



プレカイロで得たものは知識じゃなく、カイロプラクティックに対する「覚悟」



何よりも大切なモノを得て、いよいよシャーマンカレッジに行く!!!



でもその前に日本に行く!!!





あ~興奮して眠れん(爆)











DSCF5522.jpg



















"When things get tough we can either give up, change our objectives, or we can think bigger and work harder."

「物事が難しくなった時に、私たちは諦める事も、目的を変える事も出来ます。しかし、より良く考え、一層努力することも出来るのです。」

 By Thomas A. Gelardi D.C.













~ 悲願まであと少し ~

今学期は、取るクラスを大分”盛った”

これを無事終えれば、来年の一月初めから、いよいよShermanに進学する

TOEFL挑戦から今日まで約四年



あっという間だったな。



と言いたいところだが、実に長かった!!!

ホント~に長かった・・・


これまで、Sherman進学とカイロプラクティックに対する己の覚悟と熱意はしょっぱいもんだった。

だからここまで来るのに四年もの月日が掛かってしまったが、それもあと二ヶ月の勝負で決まる。


アメリカに来て一年と十ヶ月。

Shermanの学生やスタッフたちから、

「もうすぐShermanに進学だねヒロ!貴方が来るのが待ち切れないよ!!」

と言われたが、


一番辛抱堪らんのは、やっぱり自分自身だ。



あと二ヶ月。


Sherman LOVE, ChiropracTIC LOVEで乗り切ったります!!!













「人生は、卒業後に自分からどれだけ能動的に働き掛けたかで決まる。」

 By 小柴昌俊 (物理学者)
















~ 乾坤一擲 ~

来年に迫ったSherman進学に向け、秋学期のプランを考えていた。

残りの単位(約10クラス分)を、秋と来年の春学期とに分けて手堅く行くか。

それとも全単位一気に取り、年内でプレカイロを終わらせるか。


アドバイザーからは、

「二学期に分けて手堅く確実に行きなさい。

一学期でそれだけの単位を一遍に取ろうだなんて聞いたことが無いわ。

クレイジーな考えは止めときなさい。」


とアドバイスをもらった。


なので、


秋学期に全単位取ることにした(爆)



これは自論だが、


ある挑戦に対して"悩むことが出来る"ということは、

ポテンシャル的に"気合入れれば何とか成る"ということだと思う。



この山を越えれば、


長かったフューチャーSherman学生を卒業し、

いよいよSherman College of ChiropracTICの学生となる。











気合入れてやったります!!!












IMGP6587.jpg
                DC 2B!!













「思想は目に見えない自然。自然は目に見える思想。」

 By ハイネ(ドイツの詩人、作家、ジャーナリスト / 1797~1856)

~ いよいよ見えて来た ~

夏学期が始まり早一ヶ月。

アドバイザーから「夏学期の授業スピードはヤバイよ~」と脅されていたが、実際受けてみるとサクサク進むし、普通の学期より早く終わるしで、自分にとっては実に良いテンポだ。

そんな今日、Shermanから吉報が届いた。

今までコミュニティカレッジで取得した単位のうち、どれ位Sherman編入への有効単位として認められるのか審査してもらっていて、その結果を教えてくれた。


取得した単位は全て有効!!!


これで編入に必要な90単位の半分以上を消化したことになり、来年の春学期を終えればいよいよSherman Collegeに進める目処が付いた。

具体的な時期が分かると、何だか実感が湧いて来る。


く~っいよいよだ!!!












923131_10151455962803036_1838999852_n.jpg
 Lyle Sherman と Thom Gelardi D.C.




















"One shuold never adjust vertebrae to get them into "perfect alignment," for what one thinks is the right position "educationally," may not suit Innate-it very seldom does."

「脊椎を"完璧な配列"にする為に調整してはいけません。"後天的"に正しいと考える位置が、イネイトと合致することは稀の稀だからです。」

 By R. W. Stephenson D.C. (CHIROPRACTIC TEXT BOOK p317より)

~ モチベーション ~

今学期も既に半分が終わり、多くのクラスメートが"ドロップ"して行った。

自分はドロップしている場合では無いので、A評価を目指して日々もがく!(笑)

しかし中学・高校と全く勉強しなかった自分が、毎日何時間も勉強しているなんて、

モチベーションが違うだけで人間って頑張れるもんなんだなと驚いている。


そんな自分のモチベーションをアゲる"三大要素"がある。


Sherman College、先輩D.C.、そしておやつ


Shermanに一日でも早く入学したい。

これは説明不要で、一番大きな原動力になっている。


そして先輩D.C.達のありがたいエピソードを聴きながら、自分の将来像をリアルにイメージする。未来図が鮮明になればなるほど、モチベーションも上がる。


例えばマスタートムの場合、名刺一つでも拘りがある。

それは名刺には絶対"Dr."と入れないこと。

アメリカでは、年間で人口の3%程しかカイロプラクティックケアを受ける人がいない。

"ミックスケア"をカイロケア全体の99%とすると、ストレートカイロプラクティックケアを受ける人は3%中の1%で、その数たった0.0333%という事になる。


つまり殆どの人がD.C.とは何を指すのかすら知らない。

だから"D.C."と名刺に入れることで渡された人に興味を持ってもらい、カイロプラクティックのアイデアを伝えやすくする演出をしている。


Mitzi姐さんの場合、積極的にコミュニティに顔を出して沢山の人とコミュニケーションを取る。

自分の人間性をまず知ってもらうという所を大切にしている。カイロプラクティック以前に、誰が?の部分で相手に安心感をもってもらうという考えだ。


こんな感じで、この場合はああしたこうしたという話しを聞くと、その場面がリアルに想像出来るし、

自分ならどうする?→何故?のシュミレーションも出来るから、尚更自分のヤル気に繋がって行くんだろう。


最後におやつ。

学校から帰って来て、まず取るのがおやつタイム。

このおやつタイムの質で、後半の勉強の質も決まる。それくらい重要だ(笑)

あんこが大好物で、北海道の雄「さざえ」のつぶあんおはぎは、帰国したら必ず食べたい物第一位。

あんこの禁断症状が出て来たので、作ってみた。










IMGP6482.jpg
             いきなり団子(かぼちゃVer.)








IMGP6484.jpg
                  どら焼き







IMGP6449.jpg
               ぜんざい(かぼちゃ白玉)







IMGP6486.jpg
                 大福!







IMGP6488.jpg
                う~ん美味し!!!






最高の環境、人、おやつ(笑)に囲まれ、


プレカイロ課程は順調に進んで行く♪













「一芸は万芸に通ず。」

 By 世阿弥(花伝書)


プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR