〜 旅の終わりを告げる鐘 〜

先週遂にクリニックでのインターン実習を修了した。

後はドクター オブ カイロプラクティックのディプローマをシャーマンから受け取るだけ。


終わった実感とかまだ無いな〜


十五ヶ月に渡るクリニックでのプラクティスは、実際に想い描いていた以上の感動が在って


脊椎サブラクセーションが無くなれば、人の身体は円滑にその持てる機能を発揮出来る。


サブラクセーションから解放されて活き活きと自分の人生を創り、愉しむクライアントさん達の姿に


僕達の身体にはまだまだ沢山の可能性が内に秘められているという事実と


その解放をカイロプラクターとして手助け出来ることに


遣り甲斐や生き甲斐を感じた。



沢山のクライアントさんから言われた言葉があって


「私もそうでしたが、カイロプラクティックの事をもっと多くの人が知りたいと想います。

本物のカイロプラクティックがそれを必要とする人達にもっと伝わると良いですね。」


その通りだと想う。


将来皆んなが

カイロプラクティックケアを選択肢の一つに思い浮かべるのが ”普通“ と呼べるような

そんな社会に成れば嬉しいね。






全身の機能を最大限に発揮する為にも、脳と全身のコミュニケーションの質はとても大切な要素である。それは日々の生活の質へも影響する。


脊椎サブラクセーションは脳と全身の連絡に干渉を齎す。


日々のストレスに対応する上でも

病や怪我から回復する上でも

スポーツや仕事のパフォーマンスレベルを考える上でも

自分や家族の健康管理を考える上でも



神経系に干渉が在る状態と無い状態、どちらが自分の身体にとって優しいか、助けに成るかを考えてみる価値は十分在るだろう。




クリニックを終える際には「ベルを鳴らす」というシャーマンの習わしが在って


将来カイロプラクターを目指すという後輩に、自分の終了ベルを鳴らしてもらった。

何だか次の世代にカイロプラクティックのバトンを渡したみたいで、


凄く嬉しいね!


クリニック終了に沢山の友人や講師が駆け付けてくれて祝福してくれた。


涙も出るわな。




沢山の想いと共にシャーマンカレッジを後にした今



シャーマンカレッジと僕に関わってくれた人達に


心から有難うございましたと言いたい。


皆のお陰様で今の僕が在ります。



粋にもシャーマンカレッジから月間最優秀インターンに選出された。


非常に光栄であり


これからのプラクティス開始に向けてとても励みに成ります。



いよいよ来年帰國だ!!












クリニック終了時の写真〜


20190913082738e6b.jpeg











20190913082807adf.jpeg














20190913082841e49.jpeg

集まってくれた友人や講師と














20190913082852a3a.jpeg

ターグル道場のメンバーと共に















2019091308291657a.jpeg

Dr. Claraと















20190913083241638.jpeg












〜 アニマルカイロプラクティックプログラム修了!!! 〜

動物へのカイロプラクティックケア、アニマルカイロプラクティックのプログラム最後の実習を受ける為、テキサス州へ飛んだ。



テキサス州で合計三度行われる実習の中では


犬や馬の本物の脊椎を使い、解剖学、サブラクセーション分析、そしてアジャスト方法を学ぶ。


膨大な数の動物達へセットアップ、チェック&アジャストメントも行う。


今回の実習三日目、







20190814094534574.jpeg

スパインチェックの為に片道数時間掛けて馬達が続々と運ばれてくる。












20190814094320e4a.jpeg

建物や景色に癒される〜











201908140943284b4.jpeg

何処までも続く大地。米國はデカイ
















真夏のテキサスで汗だくになりながら


16人のドクターで、朝から晩まで多くの動物達へのセットアップやチェック&アジャストメントを黙々と行った。


本当に暑かったが、外で汗かいて行うカイロプラクティックは新鮮で面白い。


エアコン付いたオフィスでプラクティスするのとは違う、



なんか野生に還る感覚(笑)


A.C.E.SのDrs. Bill OrmstonとAmy Hayekには、カイロプラクティック哲学と脊椎サブラクセーションを基盤としたアニマルカイロプラクター教育を行われていることに感謝したい。



脊椎サブラクセーションを教えないカイロプラクティック大学がある位だからな・・・情け無い。



来月はアニマルカイロの國試の為に、オクラホマ州へ飛ぶ。


試験の為とはいえ、


今年は米國中を飛び回って年を終えそうだ。











20190814094311fd2.jpeg














20190814094154fe9.jpeg

















20190814094138396.jpeg

〜 節目の年 〜

新年明けましておめでとうございます。



平成三十一年、平成から新たな年号に変わる節目となる今年は


自身にとっても大きな節目を迎えます。


カイロ学生(DC2B)から

いよいよDoctor of Chiropractic(D.C.)としてスタートを切る日が近づいて来ました!


卒業式は六月中旬。


出席されたい方は遠慮なく御連絡下さい(笑)




そういえば人生で初めて


黄金に輝くダイヤモンド富士を初夢で観て



単純に凄い勇氣貰いました。


霊峰富士と日の出


胸が熱くなりますね!!



今年の目標を片っ端から達成してやろうと想います。




Diamond-Fuji
それでは本年も宜しくお願い致します。


磯部博文 DC2B











「人の心は玉葱のようだ。外側の皮を剥いて行き、その芯まで辿り着くことで、ようやくその人の本心が理解出来る。だから皮の部分が少し痛んでいた、腐っていたからといって捨ててしまうのは、その人の本心を理解する前に諦めることと似ている。」

Thom Gelardi D.C. (シャーマンカレッジ創設者)












プロフィール

ISOBE HIROFUMI

Author:ISOBE HIROFUMI
米国のストレートカイロプラクティック大学、シャーマンカレッジへ留学中。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR